特別企画

私たちのおススメ旅先3
トロントダウンタウン、近郊の観光地
ウッドバイン・ビーチ・パーク
家にいながら世界一周!

スカボローブラフス公園、リプリーズ水族館、ディスティラリー地区
(トロント総領事館 鈴木 時也)

Scarborough Bruffs

私のおすすめ旅先・観光地は、スカボロー・ブラフス公園(Scarborough Bluffs Park)です。私が行った10月末にはところどころ紅葉も見られ、氷河期の堆積物から成る崖、砂浜、紅葉を一目で楽しむことができる絶景スポットです。

トロント中心部から車で30 ~40分程ですが、公共交通機関でもアクセスできます。夏に行くと観光客でにぎわうビーチですが、秋に行くとまた違う雰囲気を味わえますよ。

aquarium

もう一つのおすすめはリプリーズ水族館です。長いトンネル型の水槽を様々な種類のサメやウミガメが優雅に泳ぐ姿をいろんな角度から見ることができます。運が良ければ、ウミガメが2匹仲良く戯れる姿を見ることができるかも!

最後に紹介するのは、ディステラリー・ディストリクト(地区)。19世紀のウィスキー蒸留所の跡地を改装したレンガ造りのフォトジェニックなスポットです。雑貨屋さんやアートギャラリー、日本酒の酒蔵「泉」さんも軒を連ねています。クリスマスシーズンはさらに盛り上がるようですので、何度も来て違いを確かめてみるのも良いかもしれません。

ウッドバイン・ビーチ・パーク
(KPMG LLP 齊藤 賢一)

Woodbine beach

季節はずれですが、ウッドバイン・ビーチ・パークWoodbine Beach Parkを紹介します。車ならダウンタウンから20分、公共交通機関ならTTC のWoodbine駅からバスで約10分とアクセスしやすいオンタリオ湖畔の定番ビーチです。夏場はたくさんのビーチバレーコートが設置されています。

ビーチ沿いに散歩道が長く続いていて、散歩、ジョギング、サイクリングに最適です。また、公園や遊具もあるので子供を遊ばせることもできます。ビーチ入り口付近には、Booster Juiceというミックスジュース店とコーヒーチェーン、Tim Hortonsがあります。さらに、ところどころアイスクリーム店や、ファーストフードのキッチンカーなどがあります。夏には時折、ビーチ沿いの自動車道Lake Shore Blvdで自転車レースも行われます。

夏真っ盛りの時期はビーチの有料駐車場は午前中早めに満杯になります。また周辺の路上にも駐車できますが、こちらもスペースがすぐ無くなります。夏に赴く際は、パーキング確保が大変なときもあるのでご注意ください。

ビーチから15分程度Coxwell Avenue を車で北に行くとmon K patisserieという日本式のパンやケーキの店があります。また、私の趣味の空手道場が近くにあります。そのため、週末に家族を連れてビーチに行き、帰りがけに前述のパン屋やダウンタウンに寄って帰るのが夏の我が家の定番です。

お勧めの旅先(番外編)家にいながら世界一周!
(Synclex Enterprises Inc. 若狭 輝行)

virtual tour

新型コロナウィルスの世界的感染から2年が経ち、日常生活も大きく変化し、新しい生活様式の取り込み、実践が謳われている昨今、旅のあり方も大きく変わってきたことと思います。

まだまだ予断を許さない状況が続いていますが、今回はそのような状況下でも楽しめ、今まで行くことのできなかった場所や雰囲気を味わえる新たな旅の楽しみ方として注目されている、人気のバーチャルオンラインツアーを紹介します。

まずはカナダ国内から、人気のスポット2つをご紹介します。

1.https://www.youtube.com/playlist?list=PL2h7yxXnGgiOcvTWndZpEsNN8hjMNtB6d
こちらのYouTubeチャンネルでは、夏には大自然を満喫できる避暑地として、また、冬にはスキーリゾートして国内外から観光客が訪れる、カナダ有数の観光地であるバンフとルイーズ湖の魅力を存分に感じ、味わうことが出来ます。

2.https://www.vanaqua.org/live-cams
カナダ国内で公式に開館した最初の一般向け水族館であり、カナダ国内では最大、北米でも5番目の規模を持つバンクーバー水族館です。サイトでは様々な生き物のライブの動画を楽しむことが出来ます。

それでは、カナダを離れヨーロッパに向かいましょう!

1. https://www.airpano.com/360photo/Italy-Rome-Colosseum/
ユネスコの世界遺産にも登録されているイタリアはローマのコロッセオです。
360度カメラによる息をのむ外観と内観の様子が素晴らしい音楽と共に楽しめます。

2. https://www.louvre.fr/en/online-tours
世界で最も有名な美術館の一つ、ルーブル美術館です。
こちらのサイトでは、美術館の中を自分で操作しながら移動し、数々の美術品やギャラリーを鑑賞することが出来ます。

次はアジアです!

1. https://www.virtualangkor.com/360
まずはカンボジアにあるヒンドゥー教最大の寺院アンコールワットです。
このサイトでは建物だけではなく、その近隣の街やマーケットの様子を、360度カメラを操作し楽しむことが出来ます。

2. https://www.thechinaguide.com/destination/great-wall-of-china
2000年以上の歴史を誇り、世界的にも有名な万里の長城。こちらでは世界一の長さを誇る城壁を様々な角度から堪能することが出来ます。

そして最後は…地球を離れ火星の旅を紹介します!

https://accessmars.withgoogle.com/
こちらは、NASAとGoogleが共同でつくった火星のレプリカの表面を探索できるツアーです。以前、月を対象として行われたように、火星の土地の販売も行われる日が来るかもしれませんので、このサイトを使って調査をされてはいかがでしょうか?(ちなみに、火星までの距離は7500万キロ以上あり、現在のシミュレーションでは片道260日程かかるとのことです。)

以上、ごく一部ではありますが、自宅に居ながら楽しめるバーチャルツアーを紹介させて頂きました。このようなサイトはまだまだたくさんあり、今までに味わうことのできなかったニューノーマルな旅の醍醐味を感じることが出来るかと思います。

コロナが生んだ副産物の恩恵にあやかり、カナダの寒い季節を思い思いの旅で満喫されてみてはいかがでしょうか。