新型コロナウィルス関連

vaccine
1月3日 オンタリオ州政府は、オミクロン株感染拡大と医療逼迫を受け、再開ロードマップステップ2への後退移行(当面1月26日まで)を発表しました。

Ontario Temporarily Moving to Modified Step Two of the Roadmap to Reopen | Ontario Newsroom

主な点:
店内飲食禁止・酒類提供 午後10時まで
小売り店・モールなどの収容人数制限 50%
コンサート会場、劇場、映画館、会議・イベント会場等室内施設 閉鎖
学校は少なくとも1月17日までオンライン授業以降
ビジネスにはできる限りテレワークを推奨

Ontario Providing Supports for Small Businesses, Workers and Families | Ontario Newsroom

オミクロン株拡大を防ぐために導入された規制により影響を受ける中小企業、個人に対する特別支援が発表されました。

12月10日、オンタリオ州は、オミクロン変異株の拡大に備え、以下の規制変更を発表しました。

Ontario Taking Action to Protect Against Omicron Variant | Ontario Newsroom

Responding to Omicron and Protecting Our Progress | Ontario Newsroom


-1月17日に予定されていたレストランなどでのワクチン証明制度撤廃を延期
-1月4日より、QRコード付きワクチン証明とVerify Ontario appによる検証の必須化
-1月10日より、QRコード付き医学的接種免除証明の必須化
-12月20日より、12-17歳がレクリエーション施設でのスポーツに参加する場合にワクチン接種証明が必要

-以下のアドバイスが強く推奨される
-ホリデーシーズンの集まりの人数を制限すること
-ワクチン未接種、接種不明の人がいる場合は注意事項を明らかにすること
-企業側は、できるはできるだけ在宅勤務ができるように努力すること

12月13日より、3回目ブースターショット接種対象が50歳以上となりました。

Ontario Accelerating Booster Eligibility to Adults Aged 50+ | Ontario Newsroom

1月4日から、18歳以上に引き下げられます。接種できるのは、2回目接種から168日以上経過していることが条件となります。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置


海外安全ホームページ: 広域情報 (mofa.go.jp)

日本政府は、12月1日に、追加の水際対策措置を発表しました。
-感染指定地域に、オンタリオ州に加え、BC州、アルバータ州、ケベック州が追加されました。(検疫所宿泊施設での待機期間 待機なしから、14日間の自宅隔離に変更) 

PowerPoint プレゼンテーション (mofa.go.jp)
1201_17.pdf (mofa.go.jp)
1201_20.pdf (mofa.go.jp)

-外国人新規入国停止
-有効なワクチン接種証明保持者に対する行動制限緩和措置の見直し
-入国者総数の引き下げ(上限3500人)国外の航空会社の一部は4日から新規予約の受け付けを再開

5-11歳年齢層へのワクチン接種が認可されました。

Statement from the Chief Public Health Officer of Canada on November 19, 2021 – Canada.ca

Today, the new lower dose pediatric formulation of the Comirnaty COVID-19 vaccine by Pfizer-BioNTech is being authorised by Health Canada as Canada’s first COVID-19 vaccine for use in children aged 5 to 11 years.

Ontario Ready to Begin Vaccinating Children aged 5 to 11 When Supply Arrives | Ontario Newsroom

上記認可を受け、オンタリオ州では、供給ができ次第、5-11歳年齢層へのワクチン接種を開始することを発表しました。

入国規制修正が発表されました

Government of Canada announces adjustments to Canada’s border measures – Canada.ca

11月30日より、ワクチン接種完了した市民権者、永住権者などが72時間以内にカナダに再入国する場合、陰性検査証明の提示が不要となります。

Effective November 30, 2021, fully vaccinated individuals with right of entry to Canada who depart and re-enter the country within 72 hours of leaving Canada will not have to present a pre-entry molecular test.

This exemption is only for trips originating in Canada taken by fully vaccinated Canadian citizens, permanent residents or individuals registered under the Indian Act, who depart and re-enter by land or by air and can demonstrate that they have been away from Canada for less than 72 hours.

This exemption extends to accompanying children under 12, and individuals with medical contraindications to vaccination.

11月30日より、入国条件にあるワクチン接種完了と認めるワクチンの種類を拡大されました。

Also effective November 30, 2021, Canada will expand the list of COVID-19 vaccines that travellers can receive to be considered fully vaccinated for the purpose of travel to Canada.

The list will include Sinopharm, Sinovac and COVAXIN, matching the World Health Organization Emergency Use Listing.

1月15日より、入国が認められる入国者は、ワクチン接種完了者に限定されます。

The Government of Canada is also announcing that as of January 15, 2022, certain groups of travellers, who are currently exempt from entry requirements, will only be allowed to enter the country if they are fully vaccinated with one of the vaccines approved for entry into Canada.

These groups include:
individuals travelling to reunite with family (unvaccinated children under 18 years of age will retain exemption if travelling to reunite with an immediate or extended family member who is a Canadian, permanent resident, or person registered under the Indian Act);

international students who are 18 years old and older;

professional and amateur athletes;

individuals with a valid work permit, including temporary foreign workers (outside of those in agriculture and food processing); and

essential service providers, including truck drivers.

2022年1月15日以降は、入国規制免除と認められたワクチン未接種・未完了者は、従来通り陰性検査、隔離などの対象となります。規制免除とならないワクチン未接種・未完了者は、入国が認められません。

After January 15, 2022, unvaccinated or partially vaccinated foreign nationals will only be allowed to enter Canada if they meet the criteria for limited exceptions, which apply to certain groups such as agricultural and food processing workers, marine crew members, those entering on compassionate grounds, new permanent residents, resettling refugees and some children under the age of 18. Exempt unvaccinated travellers will continue to be subject to testing, quarantine, and other entry requirements. Non-exempt unvaccinated or partially vaccinated foreign nationals will be prohibited entry into Canada.