わたしのとっておきのお店


wsakai

Sakai Bar 日本酒に和の肴をポルトガル人街で

日本ロボット工業会 酒井 拓司
(ジェトロトロント事務所 前所長)



今 回ご紹介するSakai Barはダンダス・ウェストをダウンタウン(ユニバーシティ・アベニュー)から3.8キロほど西に行ったリトル・ポルトガルエリアにあります。店の前に は、トロントで最もエキサイティングなライブミュージックを聞かせてくれるレストランのルーラ・ラウンジ、数軒隣にはブラジル・ベーカリー&パストリーな どがあって、ブラジル、ポルトガル感満載のエリアに、間口の狭いSakai Barは、うっかりすると通り過ぎてしまうので、お店に近づいたら少々目線を上に向け、お店の看板が目に入るよう歩いてください。

店内はカウンター席10名、テーブル10名というこじんまりとした作りで、行灯風の照明が下がり、天井も障子風にしつらえてあり、バーカウンター背後の棚 も和風のデコレーションになっていて、日本の居酒屋などよりはるかに和風テイストです。残念ながら、9月末時点では、お店の営業はダンダス通り側のパティ オと、お店の裏側のパティオのみで、室内での営業は行っていません。

Sakai Barは2018年秋に開店しました。オーナーのスチュアート・サカイ氏はトロントの肉料理のレストラン、Black Hoofで9年ほど接客の仕事をして、その後、トロント唯一の日本酒の醸造会社、オンタリオ・スプリング・ウォーター・ブルワリー(「泉」を醸造)にて、 酒蔵ツアーのガイドや営業の仕事をして、その間に日本酒についての多くの知識を得たので、Sakai Barに行くと、日本酒について様々なお話を聞かせてもらいながら、おいしいお酒を紹介してもらい、それに合う食事も注文できるので、酒呑みにはたまらな いお店です。

料理も出汁をきかせた、本格的な和風の味付けのものが出てきますので、お酒をたしなまない方でも料理だけでも十分楽しんでいただけるお店です。

オープンした時からの定番メニューとしては、きんぴらごぼう、塩だれキャベツ、(とん)かつサンド、卵かけごはん、漬物セットなどがあります。

food
きんぴらごぼうは醤油、みりん、砂糖などの調味料のコンビネーションが絶妙で、大変おいしく仕上がっています。塩だれキャベツはゴマ油も使って香りも楽しめますので、ビールやお酒のつまみとして最適です。

か つサンドや卵かけごはんは〆にいただくものですが、かつサンドについては、新型コロナウィルスの流行での休業からテイクアウト、デリバリーのみで再開した ときにはいったんメニューから外れましたが、お客さんからの要望が多かったので、復活しました。それを機に、近所のパン屋さんが日本風の食パンを焼くよう になったとのことで、パンについても、日本風のよりふわふわ感の強いものを使っています。

卵かけごはんもなかなかカナダでは食べられませ んので、Sakai Barに来た時にはぜひ召し上がっていただきたいと思います。漬物については、お店で季節の野菜をぬかに漬けて作っていますので、こちらはもう少しお酒が 飲みたいときのあてとして注文していただくのがよろしいかと思います。

Sakai氏はコロナウィルスにより休業を余儀なくされていた時にも、再開後の新メニュー開発にも力を入れ、特にカナダで取れる食材を使ってのメニューをいろいろと提案しています。

特にジョージアンベイ周辺の漁師と頻繁にコンタクトをとって、Sakai Barでメニューとして使いたい魚について理解をしてもらい、漁をしてもらっているとのことで、その中からできたメニューとして次のようなものがあります。

Ling Cod(キンムツ)の肝の煮付け:キンムツの肝臓をみりん、醤油、砂糖などで煮たもので、アン肝あるいはフォアグラのような濃厚な食感で、出汁のきいた味付けで酒や食が進みます。

food

Pike(カワカマス)の煮付け(梅添え):カワカマス(白身の魚)をカツオ出汁を使って煮込んだもの。カツオ節の出汁から出る旨味がハモのような食感のカワカマスの身によくしみ込んでいて、梅の酸味と相まって大変おししくいただけます。

Chicken Wing(ぬか漬け手羽先):鶏の手羽先を糠に漬け込んで焼いたもの。酸味、塩味のバランスがよく、コクがあって美味しいです。お好みで、添えられている 辛味噌あるいはサワークリームを付けていただいて、また別の味わいを楽しめます。お酒にもよく合います。

sake

日本酒については、スチュアートさんが、日本酒を扱っている輸入エージェントの方々と仲良くされているので、新しく入ってきた日本酒なども積極的に取り扱っていて、彼のテイスティングの結果選ばれたものですので、どれもおいしいいものばかりです。

新型コロナ流行前は、泉(トロント)のほか、醸し人九平次(愛知)、奥の松(福島)、真澄(長野)、獺祭(山口)、李白(島根)、手取川(石川)などを置 いていましたが、再開後、最近は大盃(マッチョ)(群馬)、上川大雪(北海道)、陸奥八仙(青森)、からはし(福島)などがメニューの上位に載っていま す。

デザートも甘酒や梅酒を加えたフルーツパフェなど、Sakai barらしいメニューもありますので、お酒好きの方だけでなく、お酒が苦手という方も一度行って、和食の旨さを是非堪能してください。


logo
住所:1576 Dundas Street West, Toronto, ON M6K 1T8
電話:(647)345-6466
インスタグラム:https://www.instagram.com/sakaibarto/
営業時間:木曜日~日曜日 18:00~23:00





             

この号の目次へ戻る