商工会イベントレポート

第23回総領事杯チャリティーゴルフ大会
文責:伊東 義員

 
 優勝:F&P Manufacturing Inc. Mr. Steve Mader (NET 72.8)


5月の晴天のもと、第23回総領事杯チャリティーゴルフ大会を開催いたしました。コースは、今年もブランプトン市ライオンヘッドGCCのマスターズコース。なかなかの難コースです。前夜までの雨で開催が心配されましたが、朝にはあがり、風もない絶好の天候となりました。

コースには水が残る部分もあり、あいにくカートパスオンリーとなったため、皆さんクラブを持って、自分のボールまで一生懸命走っていただきました。そうしたコンディションもあり、進行はやや遅れ、ホールアウトを予定した12時30分から1時を大幅に超過しました。

今年の参加は、20グループ、77名、それにランチレセプションだけ参加された方が1名おられ、昨年を上回る参加となりました。補習校高等部より7名の高校生がボランティアとして運営のお手伝いをしてくれスムーズな運営ができました。


スタートは8時ショットガンスタート。受付時間を7時に設定したのですが、多くの方が6時45分過ぎには集合されていました。受付をお待ちいただいたため、練習時間が少なくなってしまったようで、来年以降の課題です。

順位は、日本独特といえるダブルペリエ(12ホール隠しハンディキャップ)方式。今年も、2枚のスコアカードを用意し、途中での最初のスコアカードを回収し、即時スコア入力。回収入力作業は、今年もレストランの外のパティオテーブルに陣取り、進行を常に監視しながら行ないました。そして、残りのスコアカードは、18ホール終了したあとに回収し入力。

最終スコア入力を行い、順位、バーディー・イーグルなどの結果集計を自動化できるように組まれたエクセルシートで作業を進行。スライドに順位結果などを入力するまでの作業はスムーズに進みましたが、自分のミスで順位発表スライドの順位がずれてしまい、該当の方には申し訳ないことをしました。

レセプションでは、伊藤恭子総領事よりご挨拶をいただき、続いて商工会副会長である日新トランスポート社 松原社長の挨拶と乾杯の御発声をいただきました。

上位入賞者は以下の通りです。

   
 優勝:F&P Manufacturing Inc.
Mr. Steve Mader
Gross: 86 HC: 13.2 Net: 72.8
  二位:Starts Realty Canada Inc.
Mr. Junichi Hosotsuji
Gross: 96 HC: 22.8 Net: 73.2
   
  三位:WEINS Canada Inc.
Mr. Saneyuki Yokota
Gross: 82 HC: 8.4 Net: 73.6
  ベストグロス:Nissin Transport (Canada) Inc.
Mr. Hirofumi Matsubara
Gross: 79


その他、ロンゲストドライブ賞、ニアピン賞、順位賞などを準備し、ささやかながら景品を提供させていただきました。今年は従来商工会で購入していた景品用ゴルフボールを参加企業様にロゴ入りボール寄付をお願いすることで調達し、商工会ではボール購入予算で、お米、お酒などをご家庭で使える景品を用意いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

全ての予定が3時過ぎに終了し、散会となりました。

この大会はチャリティーイベントとして、会員企業に寄付をお願いしております。
今回頂いた寄付総額(5月31日現在)は、6900ドルとなり、寄付先としては、シックキッズホスピタルファウンデーションと、ロイヤルオンタリオ博物館が決定しています。

また、参加費に含めさせていただいた寄付については、新年懇親会参加費寄付と併せ、補習校が校舎を借用している現地校2校に寄付することになっています。

ご協力ありがとうございました。







この号の目次へ戻る