リレー随筆


美と健康と温もりと

nagomi beauty room
オーバートン恵


はじめまして。トロント、Bloor West Villageで和nagomi beauty room というお店をさせていただいています、オーバートン恵です。

トロントに初めて来たのは高校卒業後、もう20年以上前になります。中学校の時から、海外に憧れのあった私は、大学進学の代わりに留学させて欲しいと中学3年生になる前に両親に伝えました。母親は、高校を卒業するまで毎日トイレ掃除をすること、毎日自分のお弁当を自分で作ることを条件に私のカナダ留学を承諾してくれました。

きっと私の本気度が見たかったんですね(笑)。なんとか無事条件をクリアした私は、高校卒業後大好きな滝があり、大都市ニューヨークに近いトロントに留学しました。

それから2年半、学校に行きながら同じホームステイ先で暮らしました。慣れない土地で、全く英語も話せなかった私に、ホストマザーは美味しいご飯を作って迎えてくれて、毎日話し相手になってくれました。このファミリーの存在は心の支えとなり、ホスピタリティーの温かさを体感しました。

両親との約束の期間が終わり、20歳の時、帰国しました。今度海外に行く時は、英語を学ぶ以外の目的を持って行こうと思いました。10代は発見の時期、20代は実戦と学び、30代は何かを形にする10年と決めていたので、日本にいる間にその「何か」探しをしようと思っていました。

そんな中、私は「自分がなりたい女性」をとても近くで見つけました。それは、私の母です。母は長野県から島根にお嫁に来て、お友達もいない中、唯一保育園で仲良くなった1人のママ友と共に、お化粧品の代理店を始めました。

もちろん、活動は子供達の保育園のお迎えに行くまで。フェイシャルの仕方も、お化粧品の販売のことも何も知らなかった母は、父の顔で毎晩練習し、勉強会も頑張って参加していました。子育ての真っ最中でも母はキラキラと輝いていました。

そんな母の仕事場は我が家の10畳の客間でした。母は仕事帰りのお客さんの為に、カレーやおでんを作って待っていました。可愛らしいお姉さんたちが楽しそうにお話しする声や、綺麗になって喜んで帰っていく姿も、母の姿も子供の頃から素敵だなー、と思っていました。

その姿や光景は10年以上経っても変わっていませんでした。そして私は、この感動や温かい空間、そして女性を癒し、綺麗をお手伝いする場所を自分でも作りたいと思うようになりました。

28歳の時、メークアップ技術の向上の為、憧れのニューヨークのメーク学校に留学。その後、トロントにワーキングホリデーで戻り、一からメークアップアーティストとして活動を始めました。

日本に帰って、どんなお店を開こうかとワクワクしている時、30歳で結婚したいと決めていた私の前に、なんとカナダで候補者が現れました。一旦日本には帰りましたが、1年半でトロントに戻り30歳で結婚。その2年後、長男が生まれました。

長男が生まれて一年も経たない頃、自宅からとても近いところで、理想の空間との出会いがありました。子育て真っ只中だったので、不安でいっぱいでしたが、この一目惚れの空間を逃したくないと発起して、考えていた時期よりかなり早くなりましたが、思い描いていた夢の一歩をスタートさせました。

2012年、6月、Nagomi Beauty Roomをオープンしました。

フェイシャルだけでなく、外からと内からのケアに関わるサービスの提供、お客様が美と健康について学べることもできる場所にしたかったので、名前の最後はRoomにしました。とは言っても、当時はフェイシャルだけ、しかも私1人、子供も小さいので予約時間も限定と、お店とはとても言えないようなスタートでした。

ただ、念願の自分の空間ができたこと、これがスタートだ!というウキウキがなんとか私の背中を押し続けてくれました。そんな中、子供の歌のクラスで理想のパートナーと出会いました。彼女の息子も同じ年、子育てをしながら、中医学専門士、鍼灸師になる為の学校に行っていると知りました。すぐに一緒に働いて欲しいとアタック、卒業後、和の一員となってくれました。私は運命の出会いだと思っています!

一緒に働き始めて間もなく、私は彼女に中医学に基づいた薬膳のワークショップの実施を提案しました。自分の体質を知り、毎日の生活、そして食生活に一工夫して心身ともに美しくなる、楽しみながら美と健康を手に入れていただけるように、ワークショップの最後にはその時々の旬の食材を取り入れた薬膳の軽食を出すことにしました。身近で手に入る食材を使い、簡単で美味しく、見た目も美しく仕上げるように工夫しました。

この薬膳のワークショップは美膳カフェと名付け、6年間で、本当に沢山の方々に参加していただきました。そして、縁あってこのワークショップに基づいた電子書籍 Nagomi スタイル 薬膳 『12ヶ月のおもてなし”』を今年の1月に出版させていただきました。今まで参加してくださった方への感謝を込めて、海外に住んでいても手に入る食材だけを使った薬膳レシピ本にしています。

海外での生活は、気候、湿度、水など全てにおいて私たちが生まれ育った日本とは、環境面で異なることが多いです。Nagomiに来てくださるお客様は日本人の方も多く、お肌の状態の変化、体調の変化、慣れない環境にストレスを感じている方など、住環境の変化による影響を感じていらっしゃる方は少なくはありません。

そんな悩みや不調を抱える方々に日々の生活の中でできることを提案したり、心が安らぎ、笑顔で帰っていただける場所にしていきたいと思っています。今はRMT、桶谷式乳房管理法の指導者などスタッフも増え、産前、産後のサポートも提供できるようになりました。そこから、家族の健康、美のケアと輪が広がっています。

ここまで来るのに、本当に沢山の方に励ましていただきました。
2人の母(日本の母、トロントのホストマザー)が教えてくれた、温かさ持って皆様をお迎えするホスピタリティーの心を大切に、これからもコミュニティーに貢献していけたらと思っています。







この号の目次へ戻る   「リレー随筆」記事一覧ページへ