トロント補習授業校レポート 

 
 全体会で現地校の先生方に、補習授業校の様子を説明しました

トロント補習授業校オープンハウス開催

トロント補習授業校 教頭 多田 豊秀


 
 熱心に、授業をご覧になる現地校の先生方

去る10月20日(土)、トロント補習授業校においてオープンハウスを開催いたしました。このオープンハウスは、「現地校の先生方に本校の児童生徒について理解を深めていただくため、そして、日本の文化に親しんでいただくため」に行われています。

子ども達が毎日通い学んでいる現地校の先生方を招待し、日本語で生き生きと学習に取り組む子どもたちの姿をご覧いただくことが出来たと思い
ます。そして、日本とカナダの学校文化の違いをも紹介できたように思います。

 
 たくさんのボランティアの方にご協力を頂きました

今回のオープンハウスは、平成26(2014)年以来、4年振りの開催となりました。現地校の先生方、約50名の参加をいただきました。多くの先生方にお越しいただき、感謝しております。現地校の休日である土曜日に1時間以上離れた場所からお越しになる先生方もあり、とても嬉しく思いました。

子どもたちは、緊張感の中にも、現地校の先生方を迎える嬉しさをもちながら、熱心に学習に取り組んでいました。参加くだされた先生方は、10時から約2時間にわたり、教えている子どもたちのいる教室に入り、ゆっくりと学習の様子を参観していただきました。

現地校の先生方に、日本の教育環境の中で、日本語で学ぶ姿を見てもらえることは、子どもにとって大きな励みになったようです。

 
 全体会会場にて、子ども達の夏休みの
課題作品などをご覧頂きました

当日の現地校の先生方の感想には、
「カナダに来て日が浅く、日頃はおとなしい子が、補習校で生き生きと活動している様子が見られて良かった」、「違う環境で学ぶ子どもたちの姿が見られて良かった」、「週末に生徒たちが何をしているのか気になっていたが、その様子がわかって良かった」中には、「宿題がいっぱいあると言っていたのは、ジョークではなかった」とお書きくださった先生もおられました。

また、授業については、「小グループをつくっての学習に興味をもった」、「中1の数学では、ハイスクールレベルの内容なので驚いた」、「高等部の数学では、自分が思っていたよりもディスカッションが多く、興味深かった」等の感想をいただきました。

そして、「日本文化に興味があるので、今回参観できて、とても良かった」そして「I know one day I have to get to visit Japan too!!!」と記してくださった方もいました。

また、今回は、日本文化紹介のために、在トロント総領事館、日本政府観光局トロント事務所、日系文化会館から映像資料や多くのパンフレットをいただき、現地校の先生方に見ていただくと共に、お持ち帰りいただきました。

また、国際交流基金トロント日本文化センターからは、清水所長とスタッフの方がおいでくださり、折り紙やけん玉など実際に手にして日本を味わっていただけるコーナーも設置していただきました。参加された現地校の先生方も、興味深く、遊びの中で日本文化を感じていただけたことと思います。

その他、多くの商工会加盟企業の方々にもご協力いただきました。ありがとうございました。

最後になりましたが、今回のオープンハウスを開催するにあたり、32名という多くの保護者ボランティアの方々にご協力を頂きました。打ち合わせから当日の開催までご尽力いただきました保護者の皆様に厚くお礼申し上げます。

ご協力頂きました皆様に感謝申し上げ、トロント補習授業校オープンハウスの報告とさせて頂きます。






この号の目次へ戻る