商工会イベントレポート


(上写真はウェブサイトより)

IBM Venture Labツアー

文責:伊東 義員



 

10月11日(木)マーカム市にあるIBM施設内にあるVenture Labのツアーを開催しました。
このイベントは、マーカム市経済担当のご協力を得て、春先から企画検討されていたもので、普段は入ることができないIBM施設内にあるVenture Labのイベントに特別参加させていただきました。

参加申し込みは25名。


当日、マーカム市を含むヨーク地区の企業に向けたVenture Lab内企業の展示会や講演が行われるイベントデーとなっており、マーカム市の特別なはからいで、メインイベントとなっているパネルディスカッションから参加。商工会メンバーのために最前列の予約席を確保していただきました。

このパネルディスカッションに先立ち、マーカム市長のスピーチを初め、連邦議員、州議員なども列席され、Venture LABの活動をたたえ感謝状が手渡されました。


その後、商工会メンバーだけの特別セッションでは、IBMで(システム)デザインのDirectorの方によるAI(通常Artificial Intelligence人工知能と呼びますが、IBMではAugmented Intelligence対話型知能と位置づけているそうです) WATSONの概要とその活用例のプレゼンテーションと質疑応答を行いました。


技術的な部分についての説明はなかったものの、AIの可能性について理解することができたと思います。

今回ご協力いただいたマーカム市は、ハイテクシティを目指しており、様々な先端技術企業を誘致しています。その代表例が今回のVenture Labですが、他にもゼネラルモータースのテクニカルセンターもあり自動車通信技術やコントロールソフトの研究施設となっています。

商工会では、このように団体だからこそできるイベントを今後も多く開催していく予定です。



                     

この号の目次へ戻る