商工会イベントレポート


親子でいく工場見学会:トヨタモーターマニュファクチャリングカナダTMMC

文責:伊東 義員




8月29日(水)夏休み恒例となった「親子で行く工場見学会」を開催しました。

今年は、毎年のアンケートで要望の多かったトヨタモーターマニュファクチャリングカナダTMMCの工場見学ツアー。場所がケンブリッジ市となり、トロント地区からは1時間半程度かかるため、応募者が集まるか懸念されたが、まったくの杞憂でした。

年初より工場見学実施の申し入れをし、最大数48名の参加者を受け入れてもらえる日を選定。イベントの趣旨が、当地では少ない社会科見学として学齢期のお子さんに工場を見てもらうというもので「親子でいく」ことを条件としたため、ご家族優先で申し込みを受け付けたところ、広報から数日で定員に達しました。

朝9時15分にビジターセンターに集合という予定にもかかわらず、9時には多くの参加者の方々が到着されていたようです。お忙しい中、駐在員の方が駐車場で場所の誘導と、セキュリティー窓口で対応、指示をしてくださり、まったく混乱なく開始することができました。
ビジターセンターのロビーに展示されている生産第一号車や、TMMCの概要、製造ラインのモデル展示などを見た後、集合し、15分ほどのビデオによる説明を受けました。その後、3台の車に16名づつ分乗し、防護メガネと説明を聞くための無線イヤホンセットをつけて、約30分ほど工場内を見学させていただきました。

ケンブリッジ工場では、カローラとレクサスRX350・450hを製造しています。この工場は、日本以外で初めてレクサスの生産を開始した工場でその品質の高さは折り紙付き。生産工程も、ロボットが行う部分と人間が手、目などで行う匠技の部分とが見られます。構内には、パーツを運ぶロボットも稼働しており、近未来の工場現場を実現しているのが印象に残ります。

工場内ツアーを終えた後、日本人エクゼクティブの方が特別に時間をとってくださり、お子さんを中心とした質疑応答をしてくださいました。そして、11時に終了。参加したお子さんたちにとっては、大変貴重な機会になったものと思います。

大変お忙しい中、駐在員の方、日本人スタッフの方に感謝申し上げます。

参加された方からは、

  • トヨタ様の「品質」へのこだわりをまとめたビデオでよく理解できました。その後のツアーで再度品質への徹底さがよく理解できました。
  • 日系企業で働いているカナダ人従業員の方が生き生きと、誇りをもって働いている姿が印象的で、こちらも嬉しくなるビデオでした。
  • 組み立て工場の重要な部分をゆっくりとトラムに乗って見学させていただくことができて良かった。
  • トヨタ様の製造現場の徹底ぶりを直接拝見できたことは非常に貴重な機会となりました。
  • カートでの案内、ヘッドホンでの説明は聞きやすくて良かったと思います。
  • 初めての自動車工場の見学をした子供達が、多くのロボットや整理された工場内を拝見し、今までに無い刺激を受けたようです。本当にありがとうございました。
  • 日本語で気軽に質問が出来て良かったです。
  • トヨタ様の責任者レベルが参加いただき非常にトヨタ様の姿勢に感銘を受けました。
  • 子供達の拙い質問に丁寧に答えていただきました。ありがとうございました。


といった感想を頂いております。

今後も、こうした企画を開催していきたいと思います。




                     

この号の目次へ戻る