商工会イベントレポート


2018年度オンタリオ州医療制度セミナー


文責:伊東 義員



商工会は、主に会員企業およびその従業員・家族への支援として、様々な情報発信を行っている。会員・企業向けには、ビジネスに関連する法務、雇用、環境、会税、税務、ITなどが多く、駐在員家族向けには、交通法規、医療制度、教育制度など生活立ち上げに必要な情報知識を発信している。

オンタリオ州の医療制度OHIPは、公的医療制度となっており、日本の健康保険制度や、自由診療制度とは大きく異なっている。なにが公的医療でカバーされるのか、ファミリードクターの見つけ方や付き合い方、専門医へのかかり方など、初めての人には戸惑うことも多い。

そこで、商工会では、2012年より、オンタリオ州医療制度OHIPセミナーを開催している。このセミナーは、当初駐在員家族のために発案したものだが、医療制度を日本語で説明を受けられる機会はトロントではほとんどなく、日本人移民家族、国際結婚家庭、研究、留学などの長期滞在者家族、そして商工会に加入していない日系企業駐在員家族にとっても貴重な機会と考え、だれでもが無料で参加できるコミュニティーセミナーとしている。

セミナー講師は、2012年より毎年お願いしているシックキッズ病院伊藤真也先生とファミリードクターのジョナサン・カー先生。商工会で準備したスライドにそって、解説と質問に答える形式で2時間のセミナー。


参加は、約50名。制度についての質問が出され、セミナー終了後に個人的な質問などもできる活発なセミナーとなった。

商工会では、このセミナーをビデオ撮影しており、準備が整い次第、ビデオセミナーを開催する予定。当日、参加できなかった方、ご家族は、是非ご参加ください。

8月下旬にはトロント教育委員会協力2014年開催教育制度セミナービデオ上映勉強会、9月上旬には、トロント市警協力交通法規セミナーを開催(後日、ビデオ上映勉強会も予定)します。


詳細は、商工会事務局からの案内メール、もしくはFacebookイベントページ(https://www.facebook.com/pg/torontoshokokai/events/?ref=page_internal)を参照ください。



                     

この号の目次へ戻る