リレー随筆


辻利の歴史
TSUJIRI Canada Regional Headquarters 三浦 浩治


日本では約155年の歴史を持つ「辻利」でも、世界での活動となると歴史はまだ始まったばかりです。TSUJIRI Canadaには「ビジョン」、「ミッション」、「バリュー」がありますが、そのビジョンは “To be the pioneer of serving authentic Japanese tea to the world.” です。日本を飛び出し、日本茶を世界に広めて行こうとする「若い辻利」には、まさに適格なビジョン(目標)といえるでしょう。

「辻利」というブランド名は、ご存知の通り創業者「辻利右衛門」の名前から由来しています。さて、創業者辻利右衛門の銅像が京都の平等院正門横に建てられています。この銅像は、主に利右衛門が当時の宇治茶業界に果たした功績を認められ建造されました。

辻利創業当時の時代は幕末、それまで徳川幕府の天領として数百年の間、手篤い庇護を受けていた宇治の茶師達は、動乱の中その庇護を失い販路を断たれ茶園は荒廃していくばかりでした。

その様な中で辻利右衛門は、私財を投じて宇治茶の茶業復興のために改善を図り、日本茶最高級である玉露の製法を確立し、更に茶箱(缶櫃)を考案していきました。

当時は、現在の様な発達した交通機関がなく、茶葉の輸送に時間が掛かりました。また、日本茶は不発酵茶であることから、いたみが早く、遠方まで輸送して販売することが出来ませんでした。創業者の考案した茶箱は、お茶葉がいたむのを遅らせ、輸送距離を飛躍的に伸ばしました。

これにより宇治茶(玉露)の販路拡大に成功して、宇治茶は復興していきました。現在でも、京都の宇治は、玉露の三大産地(静岡の朝比奈、福岡の八女を含む)として知られています。

創業者である辻利右衛門は、まさに幕末の期に誕生したパイオニア(先駆者)でした。155年の時間が流れた現在、このパイオニアであった辻利右衛門の意志を継ぎ、
「若いパイオニア」達が世界に飛び出し活躍しているのです。

“To be the pioneer of serving authentic Japanese tea to the world.”

TSUJIRI Canadaのそれぞれのお茶に、そんな思いが込められています。
そんな美味しいお茶が下記店舗でお楽しみ頂けます。


TSUJIRI Toronto店: 147 Dundas St. W., Toronto, ON, M5G 1C5
TSUJIRI North York店: 4909 Yonge St., North York, ON, M2N 5N4
TSUJIRI Square One Shopping Centre店: 100 City Centre Dr., Mississauga, ON, L5B 2G6

皆様とお会いできるのをスタッフ一同、楽しみにお待ちしております。




この号の目次へ戻る   「リレー随筆」記事一覧ページへ