わたしのとっておきのお店

トロントのエスニックタウンから
Sunrise HouseとKalendar

在トロント総領事館 東田 千草



いよいよ3年間のトロント生活も終わりが近づいてきて、今さらながら改めてトロントのガイドブックをぱらぱらめくっていたところ、いつか行こうと思いながら行ったことのない場所がたくさんあることに気づきました。

そこで、最後の思い出づくりを兼ねてトロントの街、特にエスニックタウンを散策しようということになり、息子を補習校に送り届けた後の自由な(!)時間に街中で見つけたお店を2軒ご紹介したいと思います。

Sunrise House
661 Bloor Street W, Toronto
http://www.sunrisehousetoronto.com/



コリアンタウンの中ほどにある、庶民的な雰囲気のお店です。店内はそれほど広くはありませんが、さまざまな国籍のお客さんがおり、かなり期待できそうだなと思いました。

たくさんあるメニューの中からさんざん迷った挙げ句、私が注文したのは定番の石焼きビビンバでしたが、やはりその味には間違いがなく、なかなかのボリュームながら美味しく最後までいただいてしまいました。6月なのに夏のように暑い日でしたが、辛さと熱さがその美味しさを引き立たせていたように思います。

他にも魅力的なメニューがたくさんありましたので、是非足を運んでいただきたいと思いますが、支払いはCash Onlyでしたので、くれぐれもご注意ください。




Kalendar
546 College Street, Toronto
https://www.kalendar.com/



リトルイタリーにある、テラス席が素敵なお店です。暖かい日でしたので、もちろんテラス席を選んで座りました。パスタが食べたくて店に入ったものの、土曜日のお昼ということでブランチメニューのみでしたが、とても美味しそうなメニューがたくさんありました。

注文したのはアーティチョークやマッシュルームなどが乗ったナンのピザとバナナ&マンゴーのフレンチトーストです。

ナンのピザはもちもちとしたお皿いっぱいの生地に具が満載で、イタリアンソーセージを追加トッピングしたことを少し後悔しましたが、やはりとても美味しくて全部いただいてしまいました。

厚さ・大きさともにたっぷりのフレンチトーストにはマンゴーが練り込まれていて、ブルーベリーソースとさらにかけたメープルシロップが相まって至福の時を与えてくれました。

カロリーが気になるところではありますが、食後にリトルイタリーの通りをたっぷり散歩すれば、少しは罪悪感も晴れるかもしれません(笑)



                     

この号の目次へ戻る