特別寄稿


ミシサガ市主催日加修好90周年記念式典
Advisor to City of Mississauga 若狹 輝行


去る5月3日、ミシサガ市庁舎内バンケットホールにて、ミシサガ市主催日加修好90周年記念式典が開催されました。

この式典はボニー・クロンビー ミシサガ市長の意向のもと、ミシサガ市を中心にオンタリオ州内に拠点を構える日系企業および日本と関係のあるカナダ企業の代表の方々130名を招き開催された、カナダ政府公認の記念式典となりました。

式典のオープニングにはトルードー首相からのお祝いのビデオメッセージが流され、
参加者の方々一同、驚きと感動に包まれました。
(動画はこちらからご覧いただけます。https://youtu.be/uRdhKRZrpOQ)

続いてキャサリン・ウィン オンタリオ州知事からの祝電、ボニー・クロンビーミシサガ市長から日加修好90周年へのお祝いの言葉が述べられ、長年にわたる日系企業のカナダ国内への、そして地元コミュニティーへの貢献、功労へ謝意が伝えられました。

クロンビー市長は、ミシサガだけではなくGTA、ひいてはオンタリオに籍をおかれる
日系企業、並びに日経コミュニティーの長年の功労があってこその90周年であり、
自治体としても更なる日加間の親交、友好、交流の促進のために力を注いでいきたいと述べられました。

これに対して日本側を代表して伊藤恭子総領事が謝辞と挨拶を述べられ、
90年という歴史は常に順風満帆であったわけではなく、時には険しく困難な道のりもあり、その時々を共に真摯に向き合い歩んできた上に成り立っていると、現在の強固な日加関係が築かれた歩みについて語られました。

その後、ボニー・クロンビー市長の音頭のもと乾杯の挨拶がなされ、参加者一同
思い思いに親睦を深められ会を楽しまれました。

この度の式典がきっかけとなり、更なる日加間の友好の絆が深まり一層の発展につながっていくことを祈念します。




戻る