リレー随筆


カナダ土産あれこれ

日本貿易振興機構(JETRO)トロント事務所 江崎 江里子


2016年8月トロントに赴任してから、自分や家族が一時帰国する機会が何度かあり、そのたびに頭を悩ませるのが「カナダ土産」です。たかがお土産、されどお土産。「カナダ」らしく、それでいて受け取った人に喜んでもらえるものを見繕うところに、送る側のセンスが問われます。

1回目はメープル三昧でも大変喜ばれますが、2回目以降はどうしよう?そんな悩みを皆さんと共有いたしたく、私の最近のセレクションをご紹介するとともに、皆様からの情報もぜひぜひ教えていただきたいと思います。

1. チョコレート
最近のお気に入りは、O&B ARTISANのチョコレートです。小ぶりの楓の形がなんとも品が良く、味もよく、しかも値段も$9弱とお手頃なので、出張者へのちょっとした手土産にも言づけたりします(今回お店に行ったらチョコレートがなかったので、代わりにメープルリーフのショートブレッドを買ってみました:写真)。



味で勝負するなら、Purdysもおすすめです。バンクーバー出身のお店ではありますが、「カナダ」土産としてはOKではないでしょうか。ハリネズミの形のチョコが有名ですが、ホワイトチョコにクランベリーとピスタチオがザクザク入ったバーが私のお気に入り。

こだわりの本格的チョコレートをお探しなら、「カカオ豆からチョコレートになるまで」の工程を自社で行ういわゆる「Bean to Bar 」のSOMA。ホットチョコレートの一人前パックは配るのにも便利ですし、パッケージデザインがしゃれていて受けそうです。

リンツ(Lindt)はスイスのチョコレートですが、CNタワーやToronto Maple Leafsのチームロゴをあしらったパッケージ(箱や缶)があるので、これに詰め合わせればカナダっぽい。リンツのチョコは日本でも人気が高いので歓迎されること間違いないと思います。

2. お酒
お酒好きの父へのお土産にはオンタリオが誇るワインを何度か買っています。とあるカナダ人に聞いた話では、フランスのボルドー、ブルゴーニュのようなワイン造りに最適な気候が、地球温暖化によって北上していて、カナダのワインは今最高に良い条件なのだとか。

そんな口上がなくとも私もオンタリオワインは大好きなのですが、父への三度目のお土産には趣向を変えて、カナダで醸造している日本酒にしてみました。ディスティラリー地区にある「泉」では醸造施設のすぐ脇でフレッシュな日本酒を買うことができます。酒粕を使ったドレッシングやお菓子、石鹸などもあり、これはカナダ人へのプレゼントにも最適かと。

3. その他
カナダブランドといえば、Rootsも象徴的ですが、Bloor沿いにあるショップでは平日限定で、革製品に無料で刻印してくれるサービスがあります。お財布やポーチにお名前やイニシャルをいれてプレゼントするのもステキです。

前回帰国した際に女性陣(義母から高校生の姪っ子まで)に一番喜ばれたのはカナダ発祥のコスメブランド MACのリップスティックでした。空港で賢く免税で買うのもよいと思います。イートンセンターのノードストロームでは、プチサイズのリップやグロスを発見。MACブランドを気軽にプレゼントできそうです。

自然派スキンケアのロクシタン(L'Occitane)はカナダブランドではありませんが、イートンセンターのお店には、CNタワーの図柄の箱に入ったハンドクリームが売っています。日本でも知名度が高いので、こちらも喜ばれること請け合いです。

お手頃お土産として活用させてもらっているのが、MUJIさんのトートバッグ。図柄は色々ありますが、初回はやはり赤いメープルがドーンとプリントされているものにしました。「MUJI+メープル」が日本のMUJIでは買えない感じで良いなと思っています。

4. 場所あれこれ
時間のない出張者の場合は、とりあえずイートンセンターとハドソンベイ(クィーンストリート)をご案内します。ハドソンベイでは、地下のフードコート、または1階のレストランbannockでO&B ARTISANとSOMAのチョコレートが買えますし、オリンピックのオフィシャルグッズのコーナーでTシャツをご家族に買われた方もいました。MACもあるので効率的にお買い物ができます。

ディスティラリー地区には、前述の「泉」、「SOMA」のショップがあります。泉はお酒づくりのツアーがあり、ミニバーもあります。SOMAも広い店内でチョコレートの製造の様子をガラス越しに見ることができ、イートインスペースがあります。お買い物+ちょっとした観光にも良い場所です。

いわゆる「雑貨屋さん」をなかなか見つかられずにいるトロントですが、ケンジントンマーケットのBlue Banana Marketは、店内に商品がにぎやかに並んでいて、何かしら良いお土産がみつかりそう。見るだけでも面白いと思います。近くのトロント大学のブックショップと併せてお土産探しにプラプラと見て回るのは如何でしょうか。

日本へ持っていくときも、出張者にご案内するときも、カナダのステキを日本にご紹介したいと思うと気合も入ります。次回帰国する時にはまた違ったお土産で喜んでもらいたいので、皆さんがご存知の「カナダらしいギフト」情報をぜひ教えてください。次回お会いした時にでも。





この号の目次へ戻る   「リレー随筆」記事一覧ページへ