あの人は今・・・ トロントOB便り

北米生活とヨーロッパ生活
FUJIFILM Europe GmbH 的場 隆一 

 
 ミュンヘンのビアホールHofbräuhausにて

トロント商工会の皆様、大変ご無沙汰しております。富士フイルムの的場です。トロントを離れて約1年が経とうとしています。カナダは夏真っ盛りのベストシーズンとなり、皆様におかれましてはお元気でご活躍のことと拝察申し上げます。

私は昨年8月に約2年間のカナダ駐在を終え、現在はドイツのデュッセルドルフに拠点を置くFUJIFILM Europe GmbHに勤務しております。トロントでは商工会理事並びに広報部長を務めさせていただき、会員企業の皆様をはじめ人との出会いに恵まれ大変充実したトロント駐在となりました。改めて御礼申し上げます。

さて私の近況をご報告させて頂きます。FUJIFILM Europe GmbHは欧州地域統括本社の位置付けで、各BD(事業部)が各国のSE(販売会社)或いはDistributorsと連携して欧州でのビジネス拡大に奮闘しております。

私はその中でフォトイメージング事業を率いており、担当エリアは欧州全域となります。ヨーロッパ主要5か国(英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア)はもちろんのこと、ポルトガル、オランダ、ベルギー、スイス、ポーランド等の周辺国に加えて、北はロシア、南は南アフリカに出張するなど忙しく飛び回っています。

海外駐在はニューヨークに6年、トロントに2年、デュッセルドルフに1年と足かけ10年目となり、かなり浦島太郎になってきました。また海外転勤が多く帯同で付いて来てくれている家族に迷惑をかけています。

このまま日本に戻る場所がなくなるのではないかとたまに不安になることもありますが、なかなか出来ない貴重な経験を積ませてもらっているのも事実ですので、赴任した先々でベストを尽くし、同時に見聞を広められればと考えています。

生活については、北米とヨーロッパでは大きな違いを感じます。まずドイツでは小売店は日曜日に営業しませんので、買い物は土曜日までに済ませなければなりません。これは不便ですね。ドイツのAmazon等オンライン購買比率が非常に高いというのもうなずけます。

またドイツではトラックが日曜日にハイウェイを走ることも禁止されているので(休息日に働いてはいけない!)、日曜日は数多くのトラックがオランダ或いはベルギーの国境付近でドイツに入国できず待機し、月曜日になるのを待つという不思議な光景をよく目にします。

一方で、マルクトと呼ばれる青空市場で新鮮な野菜や肉、卵、果物が手に入るのはドイツの良いところです。クリスマスシーズンになると広場にマルクトが集合して、冬の風物詩として有名なクリスマスマルクトが形成されます。

ドイツはベンツ、BMW、アウディなど自動車産業が強く、インダストリー4.0を唱えるなど製造業のデジタル革命を推進している先進工業国と思いきや、とても伝統を大切にし(ある意味古くさいと言うか…)、そして周りを見渡したらジャガイモ畑だらけの農業国でもあるという異なる側面を持っています。

あと歩行者は赤信号で絶対に渡らない。そして自転車が多い(オランダの方がもっと多いですが)。側道も歩行者用と自転車に分かれていて、うっかり自転車通路を歩いていると、轢かれそうになるか、ドイツ語で大声で怒られます。また夜10時以降に風呂に入ったりシャワーを浴びると水の音がうるさいと怒られることもあります。とにかくルールを守らなければならない。

ご存じの方もいるとは思いますがエスニックジョークというのがあり、ドイツ人の性格をよく表しているのでご紹介します。

様々な民族の人が乗った豪華客船が沈没しそうになって、救命ボートに乗ります。しかし定員オーバーで、男の人たちに降りてもらわないと沈んでしまいます。彼らを海に飛び込ませるには、どのように声をかければいいか?

【アメリカ人】には、「今飛び込めば貴方はヒーローになりますよ」と伝える。
【日本人】には、「みなさん飛び込んでますよ」と伝える。
【フランス人】には、「決して海には飛び込まないで下さい」と伝える。(あまのじゃくなので飛び込む)
そして【ドイツ人】には、 「ルールですので飛び込んでください」と伝える。


北米生活で結構アバウトになってしまった私にとってドイツで生活するのは楽ではありません。また欧州ではテロが頻繁に発生し気が休まらないことに加え、Brexitによる英国景気の後退や保護主義への傾倒も心配されます。

カナダの広い国土、心が広くて大らかな性格のカナダ人、ややのんびりとした時間の流れ、そして素晴らしい自然の数々。そんなカナダがとても懐かしくなってきました。デュッセルドルフはトロントと異なり、各社の駐在員数もそれなりに多いので(弊社は40名!)、会社・業界を超えた人の出会いが少ないのも残念です。もっとアクティブに活動しなければ!

ということで、これからもトロント在住の方々、トロント時代に知り合った方々との「ご縁」を大切にしていきたいと思います。そしてトロントの皆さま、ヨーロッパ方面に来られる機会がありましたら是非お声掛け頂ければ幸いです。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
Schönen Tag!

     
 ドイツのクリスマスマルクト  パリのエッフェル塔にて 汎欧州プロジェクトチームのメンバーと 
     
 フランスでのinstax新製品発表イベント 南アのヨハネスブルクにて   モスクワのクレムリンにて


この号の目次に戻る