あの人は今・・・ トロントOB便り


保有車両

21年ぶりの祖国で初社会人
エイチ・アイ・エス  山田 圭哉


トロント日本商工会の皆様、寒さも厳しくなっている頃かと存じますが、いかがお過ごしでしょうか。H.I.S.の山田です。

私は昨年3月にカナダを離れ、4月1日より新宿でピッカピカの新入社員をしております。というのも1995年に日本を離れ、21年ぶりに日本へ逆輸入されることになり、日本で初めて社会人経験をしているからです。

しかし日本人なのに、21年も祖国を離れた後、再び生活を始めるには色々と大変でした。何をするにも印鑑が必要だったり…。

家の契約、免許証の書き換え、携帯の契約、銀行口座の開設、クレジットカード作成など、毎日パスポートと、戸籍、住民票を持ち歩く日々でした。とは言え、やはり慣れるのも早く、今ではすっかり日本のサラリーマンをしております。

さて、仕事のほうはというと、ご存知のように日本は今、外国人旅行客の取り込みと2020年東京オリンピックに向けて沢山の事がすごいスピードで動いています。

2030年には日本の人口の半分、6000万人の旅行客を受け入れるという目標が掲げられており、色々な問題も山積みですが益々盛り上がって参ります。それに取り残されないように、現在、西新宿にある本社にて訪日事業に注力しております。

訪日事業の一環として、旅行会社として初めて、都市型ハイヤーという新しく誕生したライセンスを第1号として認可をうけ、ハイヤー事業を立ち上げました。

カナダでのインバウンドは主に日本人を相手にしていましたが、日本でのインバウンドは国籍、人種、文化、宗教などにより需要も大きく異なりますので一筋縄ではいきませんね…。その点カナダで様々な国籍の方々と関わってきたことが役に立っております。

最後に、トロント在任2年半で培った沢山の経験とトロント商工会を通してできた皆様との絆はとても大切なものとなりました。この場を借りて感謝申し上げます。

皆様とお会いできたこのご縁を大切に、カナダに縁のある有志で「メープル会」(会の名称は未定)なる交流の場を発足させるべく、第1回目として2月に新年会を企画しておりますので、日本にご帰任、またはお越しになるチャンスがございましたら、是非ご連絡頂ければと思います。
これからもトロント商工会と皆様のご発展、ご活躍を心より祈念致しております。

トロント会


この号の目次に戻る