わたしのとっておきのお店



私の家族のお気に入りの店
Ancaster Mill
ジェトロトロント 伊藤 敏一


トロントから西に自動車で1時間ほど走ったハミルトン郊外にあるレストランを紹介いたします。

ハミルトンというと、ナイアガラに行く途中のオンタリオ湖畔に工場が立ち並ぶ工業都市というイメージだったのですが、レストラン周辺は緑が豊かで、敷地内には綺麗な小川が流れ、とても気持ちがいい環境です。

このレストランは、通常のレストラン営業のほか、日曜日のみSunday Brunchとしてビュッフェスタイルの営業を行っています。

Brunch の予約は9:30から14:30まで受付けており、大人1人49ドル、5歳以上14歳以下の子供が1人26ドルなのですが、9:30の予約のみ大人1名の料金が39ドル、子供が22ドルとなりお得です。

レストランは結婚式のパーティー会場にも使われることがあるようで、かなり奥行きがあり広いのですが、私が訪れたときは、あっという間に予約客で満席になっていました。

ビュッフェのメニューは前菜、肉、魚貝、サラダ、パン、フルーツいずれも新鮮かつ種類が豊富で、どれも美味しいものばかりでした。

意外にも寿司は巻き寿司だけではなく、酢飯にネタがのったいわゆる「寿司」があり、しかもネタが数種類あるのに驚きました。寿司が大好きな子供たちは、嬉々として寿司を頬張り、妻は何種類もあるサラダを少しずつ楽しみ、私はオイスターの殻を皿に積み上げました。

食事だけでも相当食べたはずなのですが、「甘いものは別腹」といわんばかりに家族でデザートコーナーに移動、豊富な種類のケーキ、アイスクリームを楽しみました。

何より子供たちが喜んだのが、ウェディングケーキ型のタワーから噴水のようにチョコレートが流れ落ちるチョコレートファウンテンです。子供たちにとって見るのも実際にチョコレートを果物に付けて食べるのも初めての経験だったので、食べる以上に楽しかったようです。レストランのスタッフもフレンドリーで「また行きたい」と思わせるレストランでした。

ハミルトンにはボタニカルガーデンがあり、その広さは東京ディズニーリゾートの約10倍、5月から6月にかけては世界最大規模のライラックコレクションが咲き乱れます。たまには少し優雅にブランチを楽しみ、ボタニカルガーデンで自然浴なんていかがでしょうか。




戻る    「とっておきのお店」記事一覧ページへ