「こんにちは!」新代表者紹介インタビュー




<第149回>
Glovis Canada Inc.
Edward Kim 金 昞華 CEO

本年5月より商工会へご入会頂いたグロビスカナダの金CEOにインタビューをして参りました。現代(ヒュンダイ)自動車グループであるグロビスカナダは、商工会で唯一の韓国系企業です。オフィスはミシサガにあります。

登録会員である韓氏にもご同席頂きました。韓氏は3年間福岡県にて仕事をされていたことがあり、大変日本語が堪能です。

日本語、英語、韓国語と3ヶ国語にて、グロビスカナダの事業や、金氏のご経歴とプライベート等についてお伺いしてきました。



(松田)御社の事業内容のご紹介をお願いいたします。

(金氏)グロビスカナダは2009年8月に設立され、完成車輸送のビジネスを始めました。カナダには、こちらのミシサガ本社と、バンクーバーの港にオフィスを持っています。ミシサガ本社の従業員は現在24名です。

現在、当社の主な事業は、港での通関サービス、鉄道輸送、トラック輸送です。アメリカ・アラバマ州にあるヒュンダイ自動車の工場と、ジョージア州にあるKIA自動車の工場で生産されるすべての自動車、そして、韓国で生産されバンクーバーの港に輸入された自動車を、カナダ国内の全てのディーラーへ運送しています。また、今年から、KIA自動車のメキシコ工場設立に伴い、メキシコでのビジネスも開始しました。

去年より、鉄鋼製品のロジスティックスビジネスも開始しています。親会社のHyundai Glovisが、韓国の主要な鉄鋼メーカーであるHyundai Steel、またアジアやヨーロッパのサプライヤーと協力し、鉄鋼貿易の事業を開始しました。当社は、韓国と中国から輸入された様々な鉄鋼製品をカナダ国内のお客様へ配送しています。

(松田)御社の強みはどちらにあると思われますか。

(金氏)世界中にある自動車グループの配送ビジネスは、Glovisが独占しており、貿易(Trading)、海上輸送(Shipping)、配送(Logistics)の3つの事業を行っています。Hyundai Glovisは、自社にてPCC(Pure Car Carriers)という自動車専用運搬船を保有しており、海上輸送サービスを始めた初年の2010年に、自動車輸送台数が100万台に達しました。

ヒュンダイグループ内には様々な会社がありますので、トータルビジネスを提供することが可能であることも強みだと思います。例えば鉄鋼製品のビジネスでは、Hyundai Steelsから購入した鉄鋼を、Glovisの輸送システムを使ってカナダのお客様に提供しています。

(松田)御社は今後の展望をどちらにお持ちでしょうか。

(金氏)第一に、現在はヒュンダイ自動車とKIA自動車のビジネスがメインですので、引き続き注力していきたいと思っています。

カナダの鉄道輸送は、CN (Canadian National Railway)とCP (Canadian Pacific Railway)の2社が独占しています。アジアの自動車業界が協力し合い、より柔軟性を求めるロビー活動のようなものができれば良いと思っています。

また、我々がバンクーバーの港からカナダ国内に配送する完成車の半分は、ヒュンダイとKIAといった韓国製の自動車ですが、バンクーバーには日本からの完成車も多く輸入されております。また、街ではHyundaiやKIAと日系のディーラーが隣り合っていることが多々あります。

車両を運搬するキャリアカー(Car Carrier Trailer)等の配送システムを共有し合うことで、効率的な相乗効果が期待できると思います。

同様に、多くの業界の方々が感じられているかと思いますが、最近倉庫価格の上昇もあり、スペースを確保することが難しくなっています。韓国と日本の自動車会社が協力し合い、スペースを共有し合えるという道も考慮できれば良いと思っています。

我々は、貿易ビジネスにも力を入れております。現在日系の商社さんと共にビジネスをしておりますが、今後より幅を大きくしていきたいと思います。

(松田)金CEOのご経歴についてお話頂けますでしょうか。

(金氏)最初のキャリアは通関業でした。通関士の資格を取得し、4年間通関業者で働きました。その後Daewoo Electronicsのロジスティクス部門に転職しました。そして、ヒュンダイグロビスに就職し、ロジスティクス部門に配属されました。

ヒュンダイ、キア、ヒュンダイモビスを顧客として、42万5千個のコンテナーを配送し、6000億ウォン(約700 million CAD)の売り上げを達成しました。そして、今年の1月にCEOとしてグロビスカナダに来ました。

(松田)これまでのご経歴で、最も印象深いお仕事はどのようなものでしょうか。

(金氏)グロビスの社内ホームページには、世界中の全てのロジスティクスの状況、地球上にある全ての船や列車等の位置、貨物の詳細等を見ることができるシステムがあり、私はそのシステムを構築しました。船社はセキュリティの関係で情報開示に制限があることが多いため、そこが最も労力を費やした部分であり、完成まで2年程かかりました。

また、韓国には、AEO (Authorized Economic Operator)という、韓国関税局が公的に認めている制度があります。法的コンプライアンス、社内コントロールシステム、財務支払能力、安全管理について、承認基準によって適正検査を受け、優れた企業体として認められます。

AEOは現在、アメリカ、日本、EU圏といった主要な国や地域でも施行されており、現在韓国企業としてはグロビスを含む2社がAEOを取得していますが、AAランクを取得しているのはグロビスのみです。私は、AEO取得プロジェクトのマネージャーをしていました。

完成車の税関についての話ですが、アメリカの税関ではC-TPAT (Customs-Trade Partnership Against Terrorism) により、Trusted Trader(信用できる貿易業者)として認められることで、通関の時間削減等ができる制度がありますが、グロビスは、韓国で最初にTrusted Traderとして認められた企業です。

また私はヒュンダイとキアのアウトバウンド担当でもありました。地震、爆発、ストライキ等の非常事態時の対策を練り、システムを作りました。

以前、トルコのHyundai Mobisの隣りにある会社で爆発が起きたことがありました。幸い結果としてMobisの工場に問題はありませんでしたが、ラインが止まっている可能性があるとの情報が入り、パーツが届かないと損害が拡大するため、パーツを全て飛行機で輸送する策をとりました。

また、ロシアとブラジルでビジネスを始めた際、配送ルートのデザインを行いました。そのルートは現在も使われています。

(松田)多岐に渡った様々なプロジェクトに携われてきたんですね。それでは、キムCEOがお仕事を進める上で大切になさっていることはどのようなことでしょうか。

(金氏)一番大切なのは、人ですね。そして人とのコミュニケーションも大事だと思います。またリスクヘッジも大切です。新しい事業を始める際にはリスクへの対応が大変重要になりますので、常にダブルチェックを欠かさず、人的ミスを軽減するようにしています。

(松田)プライベートについてもお伺いしたいと思いますが、お休みの日はどのように過ごされますか。

(金氏)お酒を飲むのは好きですね。また、時間がある時はキャンプに行きます。韓国からキャンプ道具を全て持ってきましたが、まるで家一軒分のようにたくさんあります(笑)。今年の夏は、トバモリーとアルゴンキンに行きました。

また私はオークビルに住んでいますが、オークビルのブランプトンパークにはキャンピングサイトがありますので、よく行きました。家族や友達とキャンプファイヤーをしたり、バーベキューをしたりと楽しみました。

(松田)カナダはキャンプ場がたくさんありますので、夏はたくさん楽しんで頂けそうですね。最後になりますが、商工会会員へメッセージをお願いいたします。

(金氏)私は、未来の経済の中心は、アジアの国々になると思っています。韓国、日本、中国で、NAFTAのように経済協定を結び、協力してビジネスをすることで、より大きな事業にコストを削減して取り組むことができると考えています。商工会会員企業と共にビジネスを行い、我々のベネフィットも利用していただき、より良い未来を共に作り上げることができればと願っています。

(松田)インタビューは以上となります。本日はどうも有難うございました。

- - - - - - - - - - - - - - -

(Matsuda) Please introduce us to the history and operation of Glovis Canada Inc.

(Kim) Glovis Canada Inc. was established in August 2009 and is a complete vehicle transportation business. Our main office is here in Mississauga and we also have a port office in Vancouver. We have 24 employees in the Mississauga office.

Currently, Glovis Canada’s main operations are Port Processing and Rail and Truck Transportation. We process and transport all vehicles from two plants in the US – Hyundai Motor Manufacturing Alabama and Kia Motors Manufacturing Georgia as well as vehicles produced in South Korea coming through a port in Vancouver to all the dealerships in the country. This year, in 2016, we also started business in Mexico with the launch of Kia Motors’ new plant.

Last year we also started a new business, steel trading. Hyundai Glovis cooperates with leading steel manufacturer in South Korea such as Hyundai Steel as well as with other world-class suppliers in Asia and Europe and started a steel trading business. We provide a wide range of steel products imported from Korea and China and ship to customers in Canada.

(Matsuda) What do you think Glovis Canada’s strength and specialization is?

(Kim) Glovis has a virtual monopoly on the worldwide logistics and distribution business for Hyundai Motor Company. We handle the entire pipeline of trading, shipping and logistics. Hyundai Glovis has its own PCCs (Pure Car Carriers) and the transporting volume has reached 1 million CEU (Car Equivalent Unit) in 2010, the first year of commencing ocean transportation services.

Since we are a company within the Hyundai group we can help other companies in every element of their business. For example, we can import steel from our steel manufacturer Hyundai Steels and transport it to Canadian customers using Glovis’s logistics system.

(Matsuda) What are Glovis’s plans for the future?

(Kim) The first thing is, since our main business is with Hyundai and Kia we keep focusing on making this relationship as good as possible.

CN (Canadian National Railway) and CP (Canadian Pacific Railway) have a monopoly on Canada’s rail transportation. I think it would be good if the Asian motor companies could work together to lobby for more flexible usage of these railways.

Half the completed cars we bring in from our port in Vancouver, which we then ship to cities throughout Canada, are made in Korea by Hyundai and Kia. Many Japanese cars are also imported through Vancouver. Further, if you look at car dealers throughout the country there are many cases where Hyundai and Kia dealerships are next to Japanese car dealers. If it’s possible, in the near future we would like to leverage our logistics system and partner with Japanese motor companies. For example, we can work together by sharing space in the car carrier trailers and become more efficient.

Similarly, there are probably many in the industry who feel the same way as us, but recently storage prices have risen and space has become more difficult to acquire. If Korean and Japanese car companies can work together and consider a way to share space it can be good for all of us.

Finally, we are putting a lot of effort into our trading business. We are currently doing business with Japanese trading firms, but we would like to greatly expand our work in this regard.

(Matsuda) I would like to ask you a little bit about yourself. Could you tell us your career history?

(Kim) My first career was as a customs broker. I have a custom broker license and I started working at a custom broker company. Four years later I found a new job at Daewoo electronics and I was in charge of the logistics department. Then I started a new career at Hyundai Glovis in Korea and I was assigned to the logistics department. I managed to ship 425,000 containers in total for Hyundai, Kia and Hyundai Mobis and raised sales volume by about $700 million CND (600 billion Korean Won). Finally, this past January I came to Canada as CEO of Glovis Canada.

(Matsuda) Could you share with us your most memorable story from your past career?

(Kim) Glovis’s internal homepage has a function to monitor all the logistic situations on Earth such as locations of ships or trains and details of items on board. This is a system I built. Since shipping companies often have a limit to information for security related reasons, I expended much energy trying to gain that information and it took about two years to complete the system.

In Korea, there is an official certification called AEO (Authorized Economic Operator) and an AEO means a company that the Korea Customs Service has officially certified as an excellent business entity after examining its suitability as such in accordance with the authorization criteria of legal compliance, internal control systems, financial solvency and security management. This system is currently in operation in major advanced countries and regions such as the USA, Japan and the EU, and a growing number of countries are adopting it. Currently, only two companies including Glovis have AEO but Glovis is the only company that is ranked AA. I was a manager during the acquisition of the AEO project.

Regarding customs clearance for completed vehicles, in the US there is a program called C-TPAT (Customs-Trade Partnership Against Terrorism) and when your company is authorized as a Trusted Trader you will save time for custom clearance. Glovis is the first company in Korea that is authorized by C-TPAT.

I was in charge of outbound business especially Hyundai and Kia motors. There are so many contingency plans – for an earthquake, explosion, strike and so on. Everything has a plan. I made a contingency system for Mobis. Previously, there was an explosion at a company situated next to Hyundai Mobis in Turkey. Fortunately there was no impact on our factory but since there was a chance our production line could stop, and considering how big the loss to us could have been if we could not transport our parts, we switched to moving all of our parts by airplane.

Also, when we started doing business in Russia and Brazil, I designed the transportation route. This route is still being used today.

(Matsuda) I see you have worked on a diverse range of projects. When you are conducting your business what are the most important things to you?

(Kim) People and communication are the most important things to me. Also, when doing more business and creating new business there is so much risk involved. We have to double-check all the risk factors and mitigate human error.

(Matsuda) I would like to ask you about your private life as well. How do you enjoy your weekends and holidays?

(Kim) I enjoy drinking and I like to go camping when I have time. I brought all my camping equipment from Korea, and I have nearly another home’s worth of items (laughs). This summer I went to Tobermory and Algonquin Park. I live in Oakville and there is a campsite there called Brampton Park that I like to go to. I enjoy campfires and barbequing with family and friends.

(Matsuda) You will be able to enjoy at a lot of camping sites in Canada during the summer time. This is the last question. Do you have any message you would like to share with our members?

(Kim) I believe Asian countries will play a leading role in the world economy in the near future. Japan, China and Korea can work together to create an agreement similar to NAFTA to strengthen our businesses and reduce costs. Glovis can provide many benefits to the other Shokokai members and I hope that together we can create a better future.

(Matsuda) This concludes the interview today. Thank you very much for your cooperation.



戻る   過去の新代表者紹介インタビュ一覧はこちら