リレー随筆


2017年 カナダ サンダーベイWBSC U18 World Baseball Cup開催


Hakusoh Canada Inc.

山根 耕治


近年、日本では野球人気が低迷の傾向にありましたが、WBCが開催され、日本からも多くのプロ野球選手がメジャーリーグに挑戦し、また「侍ジャパン」と呼ばれる各年代に分けられた代表チームも結成し、プロ野球だけではない楽しみ方も増えてきました。

そして来年2017年には、オンタリオ州のサンダーベイでWBSC U-18 World Baseball Cupが開催されます。サンダーベイはオンタリオ州北西部に位置する都市で五大湖のスペリオル湖西岸に位置する自然に恵まれた地域。この大会の開催にあたり、現在、着々と準備が進められています。

高校生の世界大会は歴史があるものの、日本ではあまり注目されていませんでした。それはこの大会が7月末から8月初旬に開催されており、高校野球の予選、甲子園大会の大事な時期と重なっていたためです。県の選抜チームや地域の選抜チームで参加はあったようですが、大きく取り上げられる事はありませんでした。

日本代表としてこの大会に出場するには夏の甲子園大会が終了後の日程でないと参加することはできませんでした。各国からなぜ日本代表が参加していないのか?という声も多くあったようです。

そして近年、ようやく世界大会の日程が甲子園終了後に開催する事になり日本代表が参加できる事になりました。改めて日本の高校野球が世界にも認められており、期待されているのかがわかります。

昨年日本で開催された WBSC U18 World Baseball Cupはまだ記憶に新しいですが、日本代表は惜しくも準優勝でした。この大会中にもサンダーベイ国際野球連盟が日本を訪問し2017年の開催に向け、日本メディアへの告知活動、日本の高校野球連盟との繋がり、期待されている選手へのインタビューを行ないました。

私は通訳として同行し、そのインタビューの選手の中に高校1年生ながら日本代表の4番を務めた清宮選手は、来年の大会にも日本代表としてサンダーベイにくる可能性が十分にあります。現在、日本の高校野球の中では一番の注目選手と言っても良いでしょう。

その後、トロントに戻ってきてからは、更なる日本との交流を深めるためにトロントにある日系人野球リーグ(Japanese Canadian Baseball League)がサンダーベイで親善試合を行なうなど、精力的に日加との交流を深めています。またサンダーベイは岐阜市と姉妹都市として提携しており、今夏にサンダーベイの少年野球チームが甲子園に訪問予定です。

このように2017年の開催に向け、カナダと日本は着実に交流を深めながら準備を進めてきています。2017年はトロントの日系コミュニティーも大いにこの大会で盛り上がっていければと思います。

そしてこの大会以降も野球を通して日加の交流が今後も出来る様にしていきたいと思います。

http://worldbaseball2017.com/




この号の目次へ戻る   「リレー随筆」記事一覧ページへ