わたしのとっておきのお店


気の利いた手土産ないかなあ…というときに
エクレア専門店Nügateau


フリーランスライター 三藤あゆみ



甘党の人や、女性の多くを「わあ~っ」と言わせる確率の高い手土産といえば、マカロンや生ショコラなどフランスのお菓子。値段はちょっと高めですが、見た目も味もスイートで、魅力あるギフトです。

トロントでは今までどちらかいうと、砂糖とバターがこれでもかというほど入ったクリームにフードカラーのどきついケーキや、大味なカントリースタイルのパイやタルトばかりが地元ベーカリーの主流でした。

ここ数年やっと、マカロンや高級ショコラ、小さな生ケーキ、クローナッツ等の専門店が増え、その人気も定着しつつあります。

Bathrust St. とQueen St. West交差点近くにオープンした、エクレア専門のNügateauは、そんなトレンドの先端を行く店。「とっておきの店」というよりも、最近発見してまた行きたいと思っていたところ、先日雑誌で取り上げられているのを目にし、話題の店だということを知ったばかりです。

やたら大きいドーナツのバリエーションのようなカナダ流“エクレア”ではなく、本物のシュー生地にたっぷりクリームが詰まって、ペストリーシェフが工夫したトッピングで飾られたフレンチエクレアが店内で毎日作られています。

中のクリームは、ホワイトチョコがベースとなっており、種類によりフルーツ、ティー、ナッツペーストなどのフレーバーが加えられています。きれいな色のグレーズをかけ、トッピングにはクリームブリュレ味や、マンゴー味のメレンゲ、食用金箔のはいったショートブレッド、メープルシロップで固めたベーコンなど。

柚子、ラズベリー、カルダモン、ピスタチオ、ココナッツなどのグレーズもありました。サイズは小さめで一個$5前後とそれなりのお値段ですが、リッチな感じが楽しめ、美味しいスイーツです。

今年は、コーヒーやワインに合いそうなセイボリー系のエクレア、フォアグラやロブスターを使ったものも発売予定だそうです。

雑誌を読んで後から知ったことですが、ここはなんと、最近トロントで注目を浴びるコルドンブルー卒のペストリーシェフAtul Palghadmal氏の新しいお店なのでした。

素敵なパッケージに入ったクリエイティブなお菓子というのは、「手土産を選んだり届ける楽しみ」というのを思い出させてくれますね。

Nügateau
717 Queen St. West
647-748-7001

月曜定休日

土曜
11:00 AM – 8:00 PM
日曜
11:00 AM – 6:00 PM
火曜
11:00 AM – 8:00 PM
水曜
11:00 AM – 8:00 PM
木曜
11:00 AM – 8:00 PM
金曜
11:00 AM – 8:00 PM







戻る    「とっておきのお店」記事一覧ページへ