わたしのとっておきのお店


ほろ酔いとアイス Bang Bang Ice Cream

ヤマハミュージックカナダ  大城大器





センキューベリー抹茶!!!

長蛇の列の先で出会ったのは、こんな恐れ知らずのボケでした。

これはOssington のスイーツ店「Bang Bang Ice Cream」での話。
日本なら禁固刑もののボケですが、ここカナダでは堂々と抹茶アイスの名に冠されていました。

私が初めてその行列を見かけたのは、ある日の酔いどれた帰り道。

飲み屋街の一角の行列といえばラーメンだろう、という私の予想を裏切り人々が手にしていたのはアイスクリーム。え、夜の11時に!?で、覗いてみたらあのしょーもない駄洒落。

もう色々気になる!

しかし、ここまで三十余年、酒好き辛党の硬派で通してきた私。スイーツ男子などと呼ばれかねない行動は慎まねばなりません。しかし、あのボケだけは看過できない…。
長い葛藤の末、気づけばある日あの行列の一員となっている自分がいるのでした。卑劣な「ツッコミホイホイ」の罠。

このお店、まず驚いたのはアイスの種類の多さです。抹茶の他にも味噌や生姜ミルクといった変り種。他にも近所の有名店とコラボした Sam James Coffee Bar味やBellwood Stout味など全30種類以上。そこから2種類まで選んで、さらに好きなクッキーやパフで挟めば、あなただけのオリジナルサンドが完成です。

男性にもうれしい渋いラインナップ & 「オリジナル」の響きに、辛党の信念はグラグラ。

また、夜型の営業時間もユニークです。平日は昼1時~夜10時まで、金・土は夜11時までという頑張り様 (月曜定休)。さすがレストランバーが密集するOssingtonにあるスイーツ店です。たとえば、真隣のレストラン「Böehmer」でワインを楽しんで、10歩先の当店で酔い覚ましのアイス、なんてハシゴもありでしょう。
…“〆のラーメン”代わりにアイスもいいかも。辛党、もはや陥落寸前。











でも、こんなふざけたネーミングのアイスが美味いわけな…めっちゃ濃厚!
でも、さすがに飲んだあとにこんなに大きいサンド食えへ……え?ハーフサイズもあるの?

 

こうして「Bang Bang Ice Cream」はわたしのとっておきの店となりました。ボケのセンス以外はツッコミどころのない大人向けスイーツ店です。

秋冬でもなぜか無性にアイスを食べたくなる時、ありませんか?。そんな時は、気が置けない仲間を誘ってオリジナルサンドを楽しまれてはいかがでしょうか。多少の待ち時間も、一緒にほろ酔いで過ごせばあっという間です。


Bang Bang Ice Cream
93½ Ossington Ave














戻る    「とっておきのお店」記事一覧ページへ