「こんにちは!」新代表者紹介インタビュー

(English follows)



<第120回> 
Mitsubishi Canada Ltd.
David Lim, Corporate Vice President, Deputy General Manager

2014年9月に入会されたカナダ三菱商事のリム氏にインタビューをして参りました。日本から赴任されている及川部長にご同席いただき、カナダ西部とオンタリオ州で展開されている多岐にわたる事業について、お話しいただきました。また、カナダ三菱商事に長く勤められているリム氏に、日系企業に対する印象や、日系ビシネスコミュニティに期待されていることをお伺いしました。




(丸山)御社の事業内容のご紹介をお願いします。

(リム氏)カナダ三菱商事は、財務、人事や会計等の管理部門を含めてバンクーバーに本社があります。本社には、社長や財務担当を含め25名程おり、トロント支店には10名おります。2013年と2014年に日本から2名の駐在員がトロントに赴任したことをきっかけに2014年から商工会にも再度参画し、トロント支店での事業拡大を目指しています。

カナダ三菱商事は業界グループ別に事業を行っています。例えば、バンクーバーには生活産業グループ、化学品グループ、および石炭・その他金属資源事業があります。

トロント支店の事業は少し異なり、電力関係の機械とインフラ事業、アセットマネジメント事業および金属資源事業を行っています。




(丸山)御社が特に強みだと思われるのはどのような点でしょうか。

(リム氏)私たちの強みは、資源事業と非資源事業のバランスです。カナダ三菱商事が扱っている事業だけでなく、日本の親会社である三菱商事が行うカナダ西部のLNG / 液化天然ガス事業にも大規模な投資等も含まれます。

(丸山)御社はこれからどのようなことに力を入れていきたいとお考えですか。

(リム氏)現在、三菱商事は更なる連結経営管理の方向に進んでいます。カナダ三菱商事は三菱商事グループ全体の一部であり、私たちの主な目的は、三菱グループ全体の価値を高めることです。三菱全体の取り組みをどのように調整していくかということが重要です。

私たちは、カナダ三菱商事の事業と同時に三菱商事全体の事業をみています。例えば、東京本社は、カルガリーにLNG / 液化天然ガス事業を行う別会社を設立することを決めました。当該新会社は成長の最中にあり、私たちはカナダ三菱商事としても同社をサポートしております。

また、トロントでは同LNG分野に付随した事業機会を見つけようと試みています。こういった取組が三菱商事全体のビジネスを成長させると考えています。

(丸山)それでは、リムさんご自身のことについてお伺いしてもよろしいですか。

(リム氏)両親が中国からカナダに移民し、私自身は、生まれも育ちもバンクーバーです。大学で商業学を専攻し、卒業後、1979年にバンクーバーにあるカナダ三菱商事に入社しました。ちょうど20年前の1995年にバンクーバーからトロントに転勤になりました。

カナダ三菱商事に長く勤めておりますが、それでも私は二番目に勤続年数が長い社員です。カナダ三菱商事に合計47年間勤められて退職された女性がいらっしゃいます。すごいですよね。私のように一つの会社に長く勤務するのは、日本人に近く、他の多くのカナディアンとは少し違いますよね。

(丸山)日系企業に長く勤められてどのような印象を持たれていますか。

(リム氏)私は中国系なので、日本の価値観と共通する部分も多く、カナダ三菱商事は働きやすいです。例えば、私たちは年配者を敬い、協調を重んじます。これは個人レベルでの共通性ですね。私は中国系カナディアンなので、ある意味、カナディアンと日本人の中間といえるでしょう。

(丸山)休日はどのように過ごされていますか。

(リム氏)公式回答としては仕事と言わせてください。冗談です(笑)。ゴルフをしたり、妻と過ごす時間を楽しんでいます。






(丸山)日系ビジネスコミュニティに何を期待されていますか。商工会会員へメッセージをいただけますか。

(リム氏)特に、日本から赴任している駐在員の方には、カナディアンライフを楽しみ、カナダについてできるだけ多くのことを学んでいただきたいです。

駐在員の皆さんはカナダでの任務が終われば、日本に帰任するかまた他国へ赴任するでしょう。その時には、カナダとはどのような国か、アメリカや日本との違いは何か説明できるような知識なり経験を身につけていってほしいと思います。

それぞれの国に違いがあり、強みや弱みがあります。皆さんが、同僚や友人、家族と、そういった知識を共有し、少なくとも違いを区別する事ができたらと思いますね。カナダの文化を貴重な経験として取り入れてほしいと願います。

例えば、日本からお客さんが訪ねて来られたら、私たちは、彼らが期待するように典型的な日本商社のおもてなしをします。でもこれはビジネスでのお話で、プライベートでは、カナディアンライフを体験し、カナダを語れるようになってほしいです。

及川さんがいつか日本に帰任したら、「トロントはどうだった?」「カナダってどんな国?」「アメリカと同じ?」と聞かれるでしょう。カナダとアメリカ、日本の違いを伝えていただけたらいいなと思います。日系ビジネスコミュニティの方々にも同じことを期待します。

(丸山)インタビューは以上となります。本日はお時間を頂きましてありがとうございました。







<120th Interview> 
Mr. David Lim, Corporate Vice President, Deputy General Manager, Mitsubishi Canada Ltd.


















- Please introduce your company’s operation and business.

Our head office and corporate functions such as finance & credit, human resources and accounting are based in Vancouver. 25 people are working in the Vancouver head office, including the President and Treasurer. Here in Toronto, we have 10 employees which include two Japanese rotating expatriate staff who arrived in 2013 and 2014. Their arrival prompted us to join the Toronto Shokokai again in October 2014 .We certainly hope to expand our business in Toronto.

Our company is divided into several different groups by industry which include the Living Essentials Group, Chemicals Group plus our coal and mineral business in Vancouver.

Here in Toronto, our business is a little bit different. We focus on power machinery and infrastructure, asset management business as well as businesses related to metals and minerals.


- What would be Mitsubishi Canada’s strength or specialization, which makes differences from other Japanese trading companies?

Our strength is a balance between resource and non-resources businesses. This includes not only the businesses Mitsubishi Canada is handling, but also our parent company in Japan Mitsubishi Corporation’s large investments in LNG businesses in Western Canada.

- Can you tell us about Mitsubishi Canada’s future plans and strategies?

Our company is now moving to more consolidated business management, so Mitsubishi Canada is just one piece of the entire Mitsubishi Corporation family of companies. Our main objective is to increase the value of the entire company so the challenge is to coordinate efforts among the Mitsubishi Corporation Group companies.


We are concentrating on Mitsubishi Corporation’s business and concurrently on Mitsubishi Canada’s business. Furthermore, our head office in Tokyo recently established a separate company in Calgary to focus on the LNG business sector. This new company is growing and we are supporting them from Toronto by looking for opportunities in the LNG business field and leveraging them to grow the entire Mitsubishi Corporation business.

- Could you tell us about yourself?

My parents immigrated to Canada from China. I was born and grew up in Vancouver. At university, I majored in business and commerce. After graduation, I joined Mitsubishi Canada in 1979, originally in the Vancouver office. Coincidently, 20 years ago, in 1995, I was transferred from Vancouver to Toronto. So I should say I have a long history with the company. But interestingly even today, I’m only the second longest consecutive serving employee with Mitsubishi Canada Ltd. One lady already retired in Vancouver. She had 47 years experiences with Mitsubishi Canada Ltd. That’s really amazing. My case is similar to most Japanese workers who stay at one company and a little bit different from other Canadians.
- How do you feel about working in a Japanese trading company?
I do enjoy working here because the culture and values are in some ways is very similar to my Chinese origin. For example, we respect our seniors and are committed to working cooperatively. I would say those are two areas that are similar to me on a personal level. As a For Canadian having Chinese background you could say that I’m kind of balanced between being Canadian and Japanese.

- How do you enjoy weekend and holidays?

My official answer is working. I’m joking. My real answer is enjoying the free time. I like playing golf and spending time with my wife.








- What do you expect from Japanese business community? Could you give us any messages?

I would expect especially the rotating expatriate staff to enjoy their Canadian life and try to learn about Canada as much as possible. After their assignment is finished in Canada, they will go back to Japan or go to on other foreign countries for other assignments. Hopefully, they will have knowledge and experiences to be able to identify what is Canadian versus what is American or Japanese. Each one is different. Each one has strength and weakness. So hopefully they will be able to share the knowledge with their colleagues, friends and family and at least identify the differences. They should absorb Canadian culture as valuable experiences.

I’ll give you an example. When we have business visitors from Japan, we do a typical Shosha-style coordination and play roles as they expect. This is at a business level. But I hope, on a private level, they try to experience Canadian life in order to be able to describe what Canada is. When Oikawa-san returns to Japan someday, people will ask her how was your time in Toronto, Canada. What is Canada? Is Canada just the same as the US? Hopefully, she will answer “no” and describe the differences. That’s the kind of thing I expect from the Japanese business community.








戻る   過去の新代表者紹介インタビュ一覧はこちら