わたしのとっておきのお店


ペルーの味をトロントで
El Fogon

Ernst & Young LLP 佐久間 郁美


日本の企業と違って、長期休暇の取りやすい海外の企業。私の職場も例外ではなく、社会人1年目の2012年の年末から2013年の年始にかけて、一念発起して全て自分たちで手配し、ペルー、ボリビア、エクアドルへ旅行をしました。

そんな私が今回ご紹介するのは、地下鉄TTCのSt Claire West駅から徒歩7分、Bathurst とSt. Clair Avenue Westの角にあるEl Fogon。「本場のペルーの味」を売りにしているレストランです。

日本からは飛行機で20時間と遠いペルーも、トロントからは、約9時間。時差もありません。今行かずしていつ行くのかと、マチュピチュ・ナスカの地上絵を訪れた皆様も多いのではないでしょうか?まだペルーに行かれたことがない方も、日本でもじわじわブームが来ている(?)ペルー料理、是非お試しあれ!

まず店内に入ると、中南米のお客さんも多いようで、店員さんとお客さんのスペイン語のやり取りが聞こえてきます。スペイン語に自信のある方は是非、スペイン語でご注文を!

 
 セビーチェ(魚介のマリネ)

前菜には、Appetizer Trio ($15) がおすすめ。Chicharron Calamari (イカのフライ)、Fried Cassava with Huancaina (お芋のフライ)、Fried Plantain ( バナナのフライ) の3品がセットになったお得なプレートメニュー。どれも、南米ではよく見かける品々です。


また、インカの時代から食されている、栄養価の高いキヌア。そのキヌアのスープ($6)もおすすめです。今回頼んだSeafood Ceviche ($18、セビーチェ、魚介のマリネ) は、イカ、エビ、白身魚などをレモンで和えたペルーの伝統料理です。

 
 Lomo Saltado(肉とじゃがいものソテー)

メインディッシュはシーフードならSeafood Steak Frites ($18、魚介と野菜のソテー)、お肉ならLomo Saltado ($18、お肉とジャガイモのソテー)などが人気です。

旅先で食べた懐かしい味のする料理を口に運びながら、「あれは高山病だったのかなー」と今更ながら思ったり、「スペイン語しか通じないタクシーでのやり取りにはほんと苦労したなー」とか、あれこれ旅行の記憶が頭を巡ります。

また、お醤油を使ったペルー風中華料理のTallarin Saltado ($15) やArroz Chaufa ($14)も、日本人の口に合うのでおすすめです。皆様、ペルーにお醤油が使われる料理があるってご存知でしたか?

 
 ピスコサワー

料理に合わせる飲み物は、ピスコサワー(ぶどうのお酒ピスコ、卵白、レモンのカクテル)やチチャモラーダ(紫とうもろこしのジュース)、またはインカコーラで!客席は25席程度と手狭なので、大人数でお越しになる際は、事前に予約されることをおすすめします。












● El Fogon Restaurant
住所:543 St Clair Ave West, Toronto, Ontario M6C 1A3
営業時間:水曜日~日曜日12pm - 10pm
電話:416-850-8041
HP: http://www.elfogon.ca



戻る    「とっておきのお店」記事一覧ページへ