リレー随筆


バンクーバーからトロントへの引越


OCS Canada

玉井 牧場


会員のみなさまの中にはたくさん引越をされてきた方も多いと思いますが、私も幼いころから親の仕事の都合などで引越を数多くしてきました。しかし、何回やっても手際よく引越の準備を進めることができず、結婚後の数回の引越しでも妻に頼り切ってギリギリまで何もせず、普段は可愛くて優しい妻を鬼の形相に変えたこともありました。(それが今では仕事で人の引越しをお手伝いしているのですから、世の中何があるかわかりません)

ここ数年、バンクーバーにある日本食の飲食店のトロント出店が続き、バンクーバーから引越しをされてきている方も多いようですが、みなさんうまくやりくりできているのか、と思う今日この頃です。土地も変われば役所の手続もあり、様々なルールも変わります。カナダに来るまでに12回引越をしてきましたが、カナダに来てからは1度だけ、それもバンクーバーからトロントへの移動によるものでした。その中で見聞きしたことあれこれ。

銀行の口座情報の所在地
カナダ大手のA銀行では東西でシステムが分かれているため、「あなたの口座情報はトロントの我々では触れませんので~」。これは銀行口座の住所変更をするときにも言われ、完全に移すのにかなり時間がかかり不便さを感じました。なお、別の機会にB銀行の方に会ったとき「昔はA銀行で働いてたからそれは知ってるけど、B銀行は統一システムだからそんなことないわよ」と言われ、そうした銀行間の違いも発見しました。

自動車購入、保険
バンクーバーでは自動車の購入時の手続きが非常にシンプル。多くのディーラーに州政府管轄の自動車保険機関のエージェントが常駐していて、そこで自動車登録も保険登録も同時にできます。車がほしいと思い立ってディーラーに行ったら、1時間後にその車に乗って帰ることも可能です。それにすっかり慣れていた私は、オンタリオでは本人かディーラーの人が役所を回らないといけないことも、保険会社とディーラーが書類のやり取りをすることも知らずウロウロ。慣れは怖いですね。

日本と同じように保険の種類が色々とあるオンタリオ州。BC州で長いこと優良ドライバーをしていた私でしたが、保険会社によっては他州での運転履歴は割引の対象となりませんでした。私にあった保険を探すのに苦労したのを覚えています。

役所でのひとこと
引越しに伴い役所の手続きはいろいろとしなければなりませんが、BC州の運転免許証をオンタリオ州のものに書き換えるとき、Service Ontarioで言われたことをよく覚えています。「Why did you come to Toronto? Isn’t it better stay in Vancouver? Poor guy.」。正直「おいおい、州の役所の人間なら『Welcome to Ontario』って言えよ」と思ってしまいました。

カナダでの州をまたぐ引越は、国が変わるような感覚に陥ることがありました。実際の移動は車で3日半かけての大陸横断、日本ではまさに外国に行くような距離の移動。そのように考えれば「国が変わるような感覚」にも納得がいくのだろうか。

なお、人生13回目の引越しでは鬼は現れませんでしたのであしからず。

バンクーバーからトロントに車で移動したときに撮った唯一のちゃんとした写真



この号の目次へ戻る   「リレー随筆」記事一覧ページへ