わたしのとっておきのお店


セキュリティチェックが必要なレストラン
Osgoode Hall Restaurant


電通ボス 久保 恵一


「セキュリティゲートに進んでください」。

このレストランで食事をする為には、まるで空港のようなセキュリティチェックを受けなくてはなりません。危険人物が多く訪れる場所だから。ではなく、The Law Society of Upper Canadaの建物の中にレストランがあるからです。

無事にセキュリティゲートを通過し、重厚な建物の中を2階に進めば、1800年後期の元法廷をそのまま流用しているレストラン「Osgoode Hall Restaurant」に到着です。美しいステンドグラスから差し込む光は暖かく、壁の周囲には歴代の裁判長の肖像画が飾られ、その下には革製の分厚い司法関連本が入った書棚が並んでいます。天井から吊り下ったアンティークな時計が静かに時を刻み、より一層この空間が持つ歴史の厚みを感じさせます。


周囲のテーブルに目を転じてみると、上品なご年配の方々や、仕事中なのか、独特の衣装を来た司法関係者のグループが静かに食事をしています。異空間に踏み込んでしまったかのようなこの雰囲気。例えるなら、ハリー・ポッターの映画に出てくる食堂に迷い込んだ感じです。

肝心の料理ですが、トロント市内の有名レストランで経験を積んだシェフが腕を振るうカジュルな欧風料理です。私は1968年からあるサンドイッチ「Upper Canada Club」を注文しましたが、とてもオーソドックスなお味で美味しく頂きました。ほかにも、コースメニューや日替わりメニューもあります。このレストランのもう一つの良いポイントは、この雰囲気にも関わらず、値段が比較的リーズナブルなこと。プリフィックスで20ドルちょっとから楽しめます。

ただ、残念なことが一つ。このレストランの営業時間は、月曜日から金曜日の正午から午後2時までのみ、また、毎年7月と8月は夏休みのため、一時休店となります。ですので、ご関心のある皆さま、どうか9月のオープンまでお待ちください。これを承知しているにも拘らず、7月に堂々と皆様に紹介する私に、どうか裁きがくだりませんように・・・。


店名:Osgoode Hall Restaurant
住所:130 Queen St. West (The Law Society of Upper Canada 内)


戻る    「とっておきのお店」記事一覧ページへ