「こんにちは!」新代表者紹介インタビュー

 

第36回
<Mitsubishi Electric Sales Canada Inc. / カナダ三菱電機販売>
二宮 明彦 社長

36回はカナダ三菱電機販売さんを訪問しました。この春に着任された二宮社長はアメリカ駐在17年のご経験を持つ大ベテラン。三菱電機の製品といえば冷蔵庫や炊飯器など家電を思い浮かべる方も多いと思いますが、カナダではどのような事業を展開されているのでしょうか。詳しくお話を伺いました。

(神林)御社の事業内容のご紹介をお願いします。

(二宮氏)当社はカナダでは大きく分けて3つの事業を行なっております。1つは映像・情報関係。2つ目が冷熱・空調関係。そして太陽光関連の事業です。カナダではここトロントに本社があり、バンクーバーに支店があります。社員の数は約50名です。

まず映像情報関係について、液晶のモニタからアウトドアのダイヤモンドビジョンと呼ばれる大きなLEDのモニタ、家庭や企業・学校向けのプロジェクタを扱っています。

(神林)大型のモニタはスタジアムなどでよく見ますね。

二宮氏)トロントではエアカナダセンターやロジャースセンターにも納入しています。他には、交通や航空管制や電力の制御を行なうコントロールルーム用モニタも扱っており、世界中で当社の大型映像機器やシステムが使用されています。小さいものから大きなものまで、様々なニーズに対応できる映像関係のラインナップを網羅しているというのが当社の特徴であり、お客様の用途にあわせて組み合わせの中でいろんなご提案ができることを強みとしています。

(神林)そうするとお客さんは一般家庭というよりは、企業や公共団体が多いのですか。

(二宮氏)そうですね。業務用が多いです。エアコンについては家庭用からビル用まで様々なものを取り揃えています。例えば大きなビルで、レジデンス側とオフィス側と別々に空調の調節をすることができます。北米はダクト式といって地下に大きなファンとボイラーがあってダクトを通して空気を巡らせる方法が主流です。一方、日本の方式は冷媒を使って各部屋独立で行ないます。この方法は省エネで効率がよく、静かで、CO2を出さないという点で非常に優れているんですよ。日本、アジア、ヨーロッパでは主流です。この新しい方式をカナダで数年前から少しずつ浸透させているところです。

そして始めて間もない事業ですが、太陽光のモジュールパネルを扱っています。家庭や商業ビル、倉庫、農家の屋根に設置できます。

(神林)最近こういったクリーンなエネルギーが注目されていますよね。

(二宮氏)そうですね。オンタリオ州政府が補助金を出していますので、オンタリオ中心にカナダで需要が伸びてきています。

(神林)こちらのパネルはどこで作られていますか。

(二宮氏)日本の中津川工場で1つ1つのセルを作り、京都の工場でモジュールにアセンブリしています。

(神林)製造も組み立ても日本なんですね。御社の業界で、カナダが特別と感じることはありますか。

(二宮氏)寒冷地仕様についてです。エアコンだと、空冷式・水冷式どちらでもヒートポンプという熱の交換を利用した暖房を行なっています。ボイラーのようにガスや灯油を使いません。当社の製品はもともと日本を中心としていましたから、マイナス25度になるようなカナダの環境やニーズに対応できるよう業界に先駆けて改良してきました。

(神林)厳しい寒さに対応することがカナダでビジネスを展開する上で大切なのは納得です。このあたりで二宮社長のご経歴を教えてください。

(二宮氏)生まれは長崎。福岡、北九州、山口の宇部市で育ちました。大学からは東京です。海外関係の仕事を希望していたので、メーカーである三菱電機に入社しました。入社以来ずっと海外関係の仕事です。入社して8年は日本で東南アジアやオセアニア輸出関連の仕事を担当していました。その後アメリカに出向となり、17年間駐在しました。

(神林)17年とは長いですね。アメリカはどちらでしたか。

(二宮氏)シンシナティ、デトロイト、アトランタ、カリフォルニアでした。一番長かったのはカリフォルニアのアーバインですね。そして6年前に日本へ帰国し、全世界を担当。今年の4月からカナダに着任となりました。

(神林)アメリカではどんな業務を担当されましたか。

(二宮氏)主に映像関係でしたがデトロイトでは自動車関係を担当しました。当社は自動車のスターターオルタネータのような部品やナビゲーションのシステム、センサー等、幅広く作っています。世界の主な自動車メーカーさんに納めておりますが、デトロイトではアメリカの三大自動車メーカー自動車部品を納入していました。

(神林)行く先々でまったく違う製品を担当されていたのですね。

(二宮氏)同じ会社でもいろいろな製品がありますから。担当が変わると全く違う業界が見えて刺激的でした。

(神林)趣味や好きなスポーツについても教えてください。

(二宮氏)夏場はゴルフです。学生時代は野球やサッカー、剣道など色々とやっていましたが、膝を故障したのでもうしていないですね。

(神林)今はゴルフ一筋ですか。スポーツのほかにも趣味はありますか。

(二宮氏)去年欧州出張が多かったのでコンサートや美術館に行く機会がありました。トロントでもクラシックやジャズのコンサートが多いですね。よく聞きに行っています。最近はBlack Creekのサマーフェスティバルに行きました。プラシドドミンロリンマゼールなど聴きに行きました。音楽の他に美術など、これからは文化系のものを楽しみたいと思っています。あとは食文化も楽しんでみたいです。先週休暇で訪れたモントリオールとケベックではフランス料理が美味しかったです。

(神林)カナダでもフランス語圏ではフランス料理が本格的ですよね。アメリカに比べてカナダの印象はいかがですか。

(二宮氏)アメリカの都市と違って、トロントのダウンタウンは安全で活気があると感じました。アメリカではNYは歩いて回れますけれど、他の都市はすこし不安がありますから。

(神林)それはすごく意外ですね。

(二宮氏)車で行くだけではなく、徒歩や地下鉄など、東京やヨーロッパと同じように移動できるというのが新鮮ですし楽しいですね。

(神林)最後に商工会会員へのメッセージをお願いします。

(二宮氏)今、子どもも大きいので学校関連のお付き合いがなくなってしまいましたし、会社では日本人1人ですからなかなかお手伝いできる環境ではないかもしれないですが、日系の企業で集まれるような活動に参加していきたいと思っています。

(神林)秋からまた様々なイベントを企画したいと思いますので是非ご参加ください。本日はご協力ありがとうございました。

戻る  過去の新代表者紹介インタビュ一覧はこちら