「こんにちは!」新代表者紹介インタビュー

<第26回>

DENSO Sales Canada, Inc./ デンソーセールスカナダ 

中山 和之ディレクター

今回はミシサガにあるデンソーセールスカナダさんにお邪魔しました。この日は生憎の雪。写真撮影は雪の中で行なわれました。デンソーさんの本社がある愛知県刈谷市とミシサガ市は姉妹都市提携を結んでおり、刈谷市にはミシサガパークやミシサガ通りがあるそうです。

<中山氏からのメッセージ>

この度の東北関東大震災により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々ならびにご家族、関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

(神林)御社の事業内容について教えてください。

(中山氏)デンソーは、先進的な自動車技術、システム、製品を世界の主要な自動車製造会社すべてに提供している自動車部品メーカーです。設立は1949年。世界の30以上の国と地域で事業を展開し、12万人以上の社員が、営業・設計・生産などあらゆる部門で現地のカーメーカーやサプライヤーと一体となり、その地域に適した製品づくりを行っています。車には約23万点の部品がありますが、私どもが扱っている製品は車の内部に装着されるものが多いので、お客様の目に触れる部分でいえばメータ、エアコンやナビゲーションの操作パネルといった限られた部分になります。私どもは「環境」「安全」「快適」「利便」の4つの分野で事業を展開しております。

まず「環境」ではラジエータ、スタータ、オルタネータ、インバータがあります。燃料の噴射の効率性やアクセルの開閉度などコンピューターで管理し制御するガソリン/ディーゼルエンジンのマネージメントシステム、そして排ガス制御製品もあり、各地域ごとの規制をクリアすべく開発しています。

「安全」については、エアバック用センサやABS/ESC(*)用アクチュエータ、コンピュータですね。他にもAFS(Adaptive Front Lighting System)といって、ステアリング舵角に応じて、ロービームヘッドランプの向きを舵角方向にコントロールする装置や、車両周辺監視。これは、車がガレージなどで障害物に近くなると音が鳴るシステムです。

(*)ABSAnti locked Braking System:車輪のロックを防止する装置
ESCElectronic Stability Control:横滑り防止装置

「快適」といえば、私どもの主力製品であるエアコン。左右独立温度コントロールで運転席側と助手席側で温度設定が変えられます。

「利便」の面ではナビゲーションやETCが挙げられます。物流会社に使っていただいている運用システムもあります。そしてリモートタッチコントローラ。ナビゲーションやオーディオ、空調は今まではパネル上で操作していましたが、これは、座席の横にもってきて、マウスのようにして画面上で操作するものです。また、鍵を入れなくても、鍵を携帯していればドアロックが解除するようなスマートエントリーシステムも扱っています。

(神林)数え切れないほどたくさんのシステムや製品を、研究を重ねて進化させていることに驚きました。そして世界の30以上の国と地域に拠点を持ち、非常にグローバルな展開をされているのですね。

(中山氏)私どもデンソーグループには、デンソースピリットという大切な価値観があります。これは、真のグローバル企業として成長・発展するため、グループ全体で共有すべき価値観・信念を明示したものです。創業以来、暗黙知として連綿と継承されてきた「先進」「信頼」「総智・総力」の考え方を2004年に明文化したもので、あらゆる分野で取り組みを推進する拠り所としてグローバルな共有・浸透に注力しています。

(神林)立派な冊子ですね。これを従業者の方に配布して、社員教育の一部とされているんですね。御社のカナダでの事業内容も詳しく教えてください。

(中山氏)カナダでは自動車部品の販売、サービスです。具体的にはカナダのカーメーカー、およびカーメーカーの販売代理店(インポートディストリビューター)、修理工場(アフターマーケット)への自動車補修部品(この場合は補修品)の販売になります。設立は1972年。日本デンソー カナダとして自動車関連部品の販売を開始。設立当時のオフィスはスカボロにありました。1987年に現在のミシサガへ移転しています。1990年からはカナダのカーメーカーへの販売を開始、1998年にはDENSO Manufacturing Canada. Inc(エアコン、ラジエータの製造工場)をゲルフ市に設立。2007年からはDENSO SALES CANADA.INC、販売会社として現在に至っています。北米本社はデトロイトにあり、北米(含:カナダ・メキシコ)の主な拠点は17拠点あります。カナダのお客様への供給は、日本から輸入するものもありますが、主に北米の各工場からの輸入となります。

 (神林)1972年創立ということはビジネスを始めて約40年ですか。カナダでの拠点と社員数についても教えて下さい。

(中山氏)カナダにおける拠点はここミシサガ市の販売拠点(従業員30名:駐在員は3名)とゲルフ市の製造拠点(従業員約300名)の2ヵ所になります。

(神林)中山ディレクターご自身の経歴の紹介をお願いします。

(中山氏)生まれも育ちも大阪です。就職で91年に愛知県へ。入社後5年間は人事部にて社内教育の企画、推進業務を担当した後、営業へ異動となり、2004年から4年間はデトロイトに赴任、帰国後3年で今回のカナダ赴任となりました。

(神林)海外勤務はアメリカに続き2カ国目ですね。プライベートなことですが、ご趣味や好きなスポーツなどを教えて下さい。

 (中山氏)学生時代に剣道、サッカーをやっていました。サッカーはもう体力的に無理ですが、剣道についてはまたどこかで再チャレンジしてみたいと思っています。スコアは別として(笑)、ゴルフも好きですね。

また、これは息子の影響ですが、この年になって昨年から夏はボディボード、冬はスキーデビューしました。この年になってまさかとは思ってましたがやってみると結構面白く、こちらでもチャレンジしたいと思っています。

趣味は、ドライブです。昔から車が大好きで大学時代から目的地もなく出かけることが多いですね。長距離も苦にならないので週末を利用してカナダの色々な場所へ行ってみようと思います。

(神林)着任されて2ヵ月とのことですがカナダについてどのような印象をお持ちですか。

(中山氏)北米二回目といえどもアメリカと環境は全く違いますね。まず治安がいいです。色々な国の方がいらっしゃるので、お店などで、こちらの英語が拙くても、聞いて理解しようという努力をしてくれること。この2点に驚きました。

(神林)確かに日本と同じぐらい治安はいいですよね。カナダでやりたいことや目標としていることはありますか。

(中山氏)カナダのお客さんに喜んでいただけるような製品の提案や販売を行なっていきたいですね。

(神林)商工会会員の皆さんに伝えたいことはありますか。

(中山氏)まだ来たばかりで分からないことだらけですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

(神林)インタビューは以上です。本日はありがとうございました。

この号の目次へ戻る    「新代表者インタビュー」一覧ページへ