わたしのとっておきのお店

ヨーロッパ仕込みのアップルサイダーと石窯薪焼きパン
Sprit Tree Estate Cidery



ジェトロ・トロント 中村 由紀


カレドン市にあるりんごファーム内の、英国仕込みのアップルサイダーとフランス仕込みの石窯焼きパンやピザを製造販売するお店を紹介します。トロントから車で1時間という身近な距離でカナダらしい自然に触れることのできる、楽しいお店です。


Thanksgiving Day前日は、収穫の秋を思わせるパンプキンとりんごがドアの手前で迎えてくれました。中に入ると、日本の高速道路のサービスエリアにある「地元の採れたて野菜、特産加工品の物産展」といった佇まいです。

スィートサイダー、
濃厚さが美味しい羊乳ヨーグルト、他


まずは、壁の建築資材にご注目下さい。『3匹のこぶた』の物話の中で真っ先に吹き飛ばされた家と同じく「藁」が材料ですが、お店では「ストローベイル」という名前の、圧縮してロープで縛った藁ブロックを木組みの構造体の中に積み重ねて壁を築くという、「レンガの家」と共通する堅固な建築工法が採られていました。壁の一部に小窓が付けられているので、「漆喰塗りされる前の藁」を確認する事が出来ます。


ここから、お店の商品の個別紹介に移ります。こちらのファームでは、大きく分けて「スィート(ソフト)」「ハード」というアップルサイダーを取り扱っています。スィートはろ過や加熱殺菌をせずにりんごを砕いて搾っただけ、ハードはそれを発酵させたアルコール分を含む飲み物だそうです。

トロント市内でも、ファーマーズマーケット等でスィートサイダーを購入する事は出来ますが、こちらのお店の商品は、生のりんごの生命力が感じられる程、新鮮です。お砂糖代わりに根野菜やポーク煮等のお料理にも使えます。

アルコール入りのハードサイダーは4種類あります。アルコール度数6%のスパークリング「Pub Cider」は軽い甘さ、7%だと甘さが抜けてドライな味わい。アルコール度数8%の「Cider」は発泡酒ではなく、軽い甘さを秘めたさらっとして飲みやすいワイン風、12.5%の「Ice Cider」はサイロでりんごを3回凍らせて作るそうで、アイスワイン同様、甘い飲み物です。

サイダーは全て試飲可能なので、気にいったのを選んで購入出来ます。

ハードサイダー


りんご製品だけでなく、こちらでは石窯と薪を使って焼いたヨーロッパスタイルの手作りパンや、ピザも製造販売しています。オーナーはパリでパン作りの研修の後、近郊のあらゆるパン屋さんを訪問し、職人のノウハウと伝統技術の習得に努められたそうです。パンを焼く前日の夜、窯に火を10〜12時間くべると、石窯の抜群な蓄熱力で1日中パンを焼く事が出来ます。人工防腐剤ゼロの手作りパンは、安心して美味しく食べられるだけでなく、すぐに固くなったり、風味が抜けたりしません。オリーブオイルやオリーブと良く合います。
インタビューに答えて下さったオーナーのThomas Wilson氏と、
私の一押し「ポテトピザ」

パンやピザを載せた「ピール(パーレ)/ 生地の出し入れに使うヘラ」
が出入りする石窯

食品等の購入後は、お持ち帰りだけでなく、テーブルと椅子を並べたパティオ(室内と屋外)で頂く事が出来ます。46エーカー(ロジャース・センター3.6個分)という広大なファームには、約5,000本、20種類のりんごの木が植えられています。美味しいアップルサイダーと焼き立てのパンやピザをお供に、「これこそカナダの大自然!」を堪能されては如何ですか。

屋外パティオからの光景

<お店情報>
住所:
1137 Boston Mills Road (between Creditview Road and Mississauga Road)
Caledon, Ontario L7C 0N1

営業時間(2010年11月現在):
水曜〜日曜10 :00 〜 18 :00
金曜日は20:00まで(Pizza Night)

※お店のウェッブサイトによると、3月の営業時間は10:00 〜 17:00、4月からは9:00 〜18:00となっており、開始・終了時刻が変わります。日本と違い、夏と冬との日照時間に大きな差のあるカナダならではです。閉店時間近く、あるいは真冬の金曜日の夜に行かれる方は、予めお電話にて営業時間のお問い合わせをされると良いかもしれません。

電話:(905)838-2530
www.spirittreecider.com

この号の目次へ戻る    「とっておきのお店」記事一覧ページへ